discover essei photo

カブト虫 見るからに精悍 ウイ・ウイル・ロック・ユー そんな曲が聞こえてきそう

投稿日:

We Will Rock You

僕はケイコ・リーの歌が好きなんだけれど、
カブト虫にはこの歌がよく似合う
そんな気がする

カブト虫 
漢字で書くと兜虫、

まさに武士(戦士)が鎧をつけた感じ
「昆虫の大様」なのだそう
うん 
見るからに格好いいものね…
僕の子供の頃には
夏、
虫が入らないように蚊帳(かや)というのを釣って、
窓を開けて
その中で寝てたの
草木の染料で染めてんだと思うけど、
なんとなく自然な香りがして
風情のある寝具だった。

朝になるとその蚊帳を畳むのだけれど、
時々
そこにカブト虫がいたりしてね…

ホタルを捕ってきて、
蚊帳の中に放して光を楽しむなんて遊びも記憶のなかに今だに残っているの…
それがう今や 
カブトムシデパートで売る時代だものねぇ…
そりゃ、
感性も変わるよねぇ…

夏休み 

竹竿の先に、
ハエ捕り紙(ネットリとした糊みたのがついた長い紙)を巻き付けて
それでセミを捕るの、
竹竿持って、
高い所にいるセミを捕ろうとすると、
「チャッ」と鳴いて、
オシッコして飛んで行くの、
よく顔にかけられたよ…(笑い)
だってそんな遊びしかなかったんだから…
だから宿題は決まって押し花
(花を根っこから採ってきて、新聞紙に挟んで、上に重しをのせて乾燥させるの)
と昆虫採集、
竹細工(竹とんぼとかね)と決まっていたの。
これなら遊びながら出来るからね…

昆虫や花の写真を撮っているのは、
その頃の感覚を楽しんでいるのかも知れないね…

鮒もよく釣りに行ったよ
鶏小屋の下の土を掘り
ミミズを捕まえて

ミミズ、
平気で手で針に着けていたけれど、
今はとてもできないねぇ…
兜虫を見ていたら、
そんな記憶がドンドンと思いだされた
子供の頃の体験って、
それ程強烈なものだったんだね…
必然的とはいえ、
自然とそうして関わってきたから今があるんだと思うと、
やっぱり自然大切だなとつくづく思う…
ところが今や、
トンボも蝶々も滅多に見られないものねぇ…

昨日
編集の豆しばさんと久し振りに電話

「そろそろ次の企画考えなければ」
という話になって…
目的が出来れば、
写真の見方もまた変わってくる…
写真で絵本、
なんとなくいいよね…
そう
心に思わない現実はないのだ…
We Will Rock You
ヨーシと気合を入れてみた…(笑い)

 

 

 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀杏と栗が届いた さて何を 栗ご飯よし茶碗蒸しも 秋の味覚堪能だね 

とっても魅力的なスーパーガール
昨日 合唱に行ったら
90歳のご婦人、
この人はイタリアに長く暮らしていて画家であり俳句の会を主宰していて日本舞踊もやり、
イタリア語も教えているスーパーガールなんだけど
顔を見るなり
「あなた いくら電話しても出ないんだけどどうなってるの」と
言われた瞬間
アッと思って
「ああ、あれは先生だったの、
ごめん、僕は知らない電話にはでないので…」
そういうと、
「それじゃ役にたたない」と言って怒られたのだけれど、
そうか、
若い人ならSMSでメッセージが来るけれど、
90歳ではいくらスーパーガールでもだよね…
「ところで何か…」と尋ねると、
「毎月第二土曜日の夕方から 社会でいろいろ活躍した人が前職を忘れて軽く飲みながらお喋りをする会を我が家でやってるのだけれど、あなた、それにいらっしゃい、あなた面白いからそれに招待しようと思って…」
ありがとうございます。
「第二土曜日の夕方ですね 
了解しました喜んで行かさせていただきます」と
年齢に関係なく、
こうして目をかけて下さるの、嬉しいねぇ…

ソルティークラッカーに瓶詰の粒ウニの相性が抜群でOHと思わず

エッ ウニ、高いんじゃないの…
それが、ほら、僕のところには安売り屋があるから、賞味期限が短くなってくると、安い値段で出てくるの…(笑い)
だから、おやつ感覚で食べても大丈夫なの(笑い)
ここには時々、高級品のチーズやイタリアンプロシュート、カニ缶、トルストイが愛したプルーン(フランス)などが出てくるから、そういうのが出てきたら買うのハハハ…
便利がいいよね
こういう店があると、本当に助かる(笑い)

スマホカメラを楽しむ オオイタヤメイゲツ カエデ科の花らしい

好奇心、これやっぱり大事だね…
つくづくそう思わされた、
素敵な女性(ひと)だった…
で、
その時
たまたま持っていたフォトブック
「そら空宇宙」
(感じる心を育むために)
をお見せすると
「これいい 私買うわ」と
しかし慌てて
「アッイヤ、
これもう無くて、
今、
写真集般若心経と同じような形の本を作っている最中なんです…」
そういうと、
「出来たら教えてね、予約しとくわ」と
嬉しいねぇ…
で、
豆しばさんにその旨電話したら
「校正刷り上がってきたんだけど、
ちょっと直したいところがあって、
だからもう少しかかると…」
完成が楽しみだなな

菊の花言葉、調べてみると面白い意味、由来

菊の花、花の色によって違う花言葉
赤色の菊の花は「愛情」
白い菊は「真実」
黄色い菊は「破れた恋」
(これは強烈)
紫色の菊の花は「私を信じて」「恋の勝利」
(ライバルむき出し)
ピンクの菊は「甘い夢」
では、赤に白が混ざったのは、…なんて、つい意地悪なことを考えてしまうのはよくないねハハハ。

スマホカメラを愉しむ 今日の花は さがり花 妖艶というのがピッタリだね

この花(アップした写真)
夕べに咲いて
すでに散った花なのだが、
なおだよね…

そんな雰囲気にさせられてしまった。
アランさんの癒しの朗読「山本周五郎」
を聴いていると、
そういう描写が実にうまいの
それを聴きながら
想像を巡らせるの本当に楽しい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます