トレンド

母の日 5月の第二日曜日、今年は9日 せめて心で感謝の気持ちをだな

投稿日:

母と叔母(父の妹) 二人とももういないけれど、母の日位は、偲んであげなければね、

写真のこの花は、「カクテル」というバラなの。

いい雰囲気でしょう、僕からのプレゼント。
生きてる時には、何もしてあげられなかったから、せめて心の中で思うくらいはしなければね…

古い歌の「吾亦紅」という歌を聴いていたら、フとそう思ってね

どうしようもない中年男が母を偲ぶ歌なんだけど、その主人公と自分の姿がなぜか被さってね…
たまにはセンチもいいよね…
そう、俺流の供養。

でも不思議なんだよね、
歳をとって、その姿を見た時、なぜか涙がとまらなくなってしまったのだけれど、

心の中に蘇ってくるあなたたちは、若くて元気で、素敵な二人なの。

叔母は父の妹で、母の義理の妹、いわゆる小姑(こじゅうとめ)なんだけど、

二人はとても仲がよくて、晩年の母は、叔母につきそわれて病院に行ったりと、随分世話になったの。
叔母、いつも明るくて、笑い声が絶えないんだけど、その笑い声に包みながら、キツイ事を平気で言うのだけれど、にくめなくてねぇ

ホンマに、よくやられたよ

「こりゃ、ちょっと言えん話じゃけどなぁ」
そういいながら、いろんなことを聞かされて、
翌日姉に電話すると
「そりゃ、おばちゃんじゃろう」と、
もう見え見え、
そのエピソードだけで一冊かけるくらい、面白いことがいろいろあるんだけど、3年前に。

でも、今から考えると、コロナの前で良かったと。

だって、見送りだってちゃんとできたもの。
コロナで岡山まではなかなか行けないけれど、
せめて、思いだして懐かしんであげないとね、母の日だから(笑い)
そう
「コロナに名をかりたご無沙汰…」

アニバーサリー、そういう意味では大切だと思う。
だって、世間が意識すれば、僕も意識するもの…

-トレンド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンブ果物 中国では連霧と書いてレンムと読むらしい。「ワックスアップル」とも呼ばれ健康にいいらしい

レンブの美味しい食べ方

現地では、砂糖づけにして、製菓の材料や、紅茶の砂糖変わりに使って、フルーツティーとして楽しんでいるらしい。

水分の少なめのレンブは、簡単にドライフルーツになるので、乾かすといいと。

フルーツは欲しものにすると、甘味が増すから、干して、ヨーグルトに浸して戻すといいかも。
先日知り合いが、ドライにしたマンゴーをくれ、ヨーグルトに浸しておくと、ふっくら膨らんで、その甘さとヨーグルの酸味がうまく融合して美味しいと教えてくれたのでやってみたら、ウン、確かに

トマトジュース 美容に健康にいいんだってねぇ トマトが赤くなると医者が青くなるというもの

トマトには、ビタミンC、リコピン カロティノイド、ビタミンEが豊富、そのくらいなら僕でも知っている。
ダイエットや美白、健康にいいというのは、なぜか知らないけれど、知識として頭の中にある。
トマトが赤くなると、医者が青くなるというのも、子供の頃から聞いていたからね。
それにしても、このとまとジュース、とっても美味しい。

桃バタージャム セゾンファクトリーの果実ジャムが めちゃ美味しいと人気らしい

僕の休日の楽しみは、部屋をちょっとキレイにして、フランスパンに、例えばイタリアンプロシュートとか、奈良漬け、スモークサーモン、そしてこの桃バターソースをあしらって、音楽を聴きながらゆっくりと食べること。

アド街ック天国で紹介された武井商店のドレシング、美味しい

ウンいける、アッサリしていてとてもいい。
「ヘー ドレッシングが、自動販売機で売れる時代になったんだ」
そんなことを思いながら、写真を撮っていて気が付いた。
そう、女性の写真。よこに「鉄道むすめ」と書いてある。
「これは一体なんだろう」
そう思って調べてみた。

田舎の小さなジャム屋 大分のHappyFarmの手作りジャム、思わず買ってしまった

田舎の小さなジャム屋の手作りジャム、口に入れた瞬間に、これはヨーグルトといいかもとつい
写真を撮った後、ちょっとだけ試食(イチジクジャム)してみると、ブヨブヨ感があって、なんか懐かしい感じ。
うん、美味しい、とっさに、「ヨーグルトと混ぜるといい」と思ったのだった。
タグを読むと、原材料のいちじくは九州産、ビートグラニュー糖(てん菜北海道産)ゆず果汁(大分県産)と。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます