cooking discover essei

お茶の葉でトースト、これが結構いけるの。サッパリとしていてとても美味しい

投稿日:2021年11月21日 更新日:

出がらしの茶葉でも、ちゃんとお茶の香りがして、爽やかなの、気に入った。

教えてくれたのは、「茶とあん」(阿佐ヶ谷)のママ。
お客さんの中に、お茶を飲んだ後、そのお茶を掻き出してムシャムシャと食べている人がいて(男性)
「えっお茶の葉食べるの」と驚いていたら、
「うん、美味しいよ、栄養成分もいっぱいだし」
マーそりゃ、お茶の葉だからねぇ、
しかもいいお茶の葉だからねぇ、
「でも、それ出がらしでしょう」
「そうだけど、口にいれて噛んでいると、お茶の香りがしてきて、美味しいの…」

そんな会話をママさんが聞いていて、

「トーストにして食べるとおいしいのよ」
「エッ トースト、どうするの…」
「出がらしの茶葉を硬く絞って水分をできる限り抜くの、それをバターを塗った上に置いて2分程焼けば出来上がり、サッパリとした味だけど、お茶の香りがして美味しいのよ」と。

それで、昨日(土曜日)

ヨドバシカメラに行って、一番安いオーブントースター(2500円)を買い、レジに行くと
「お客様、ゴールドポイントカードをお持ちですか」というので
「あるよ」
そう言って出すと
「お客様、実はですねぇ、昨日始まったばかりのキャンペーンなのですが、新しいカードに切り替えると、3000ポイントつくんですよ」
「何、3000ポイント…」
「ハイ」
「じゃぁ、これただで貰えるってこと」
「結論から言うとそういうことです」
「じゃぁ、やるよ、やるやる…」
「…」
ちょっと時間がかかったけど、そうやって、オーブントースターをゲットしたのはラッキーだった。

そんなことがあって今日、「茶とアン」に行き、

「あれ作るから、今日はお茶飲んで、その葉っぱ持って帰るからね」
そういってお茶を飲み、帰りに出がらしの入った袋を受け取ると、
硬い、四角いものが…
「アッいいものが入っている」
「思わずそういうと、目でちょっと合図が来たので」
お礼だけ言って帰り、さっそく腕まくり…

 

マスクがこんなところで役立つなんて

「ウン、お茶の葉絞るんだけれど、どうやって絞ればいいんだ」
「…」
考えていたら、役に立たないマスクがあったのを思いだし、探したが見あたらなかったので、
白い新しいマスクに茶葉を包み、思いっきり絞り上げて、
冷凍庫からパンを一枚だし、少し温めから、バターを塗り、その上に茶葉を置いて、パンがきつね色になるまでこんがり焼いて、パクっと、食べたところ、
バターとの相性がよくて、お茶の香りもして、食感としては、歯切れのいい野菜を食べている感じで、お茶の香りも楽しめて、とっても美味しいの。
で、「これはいい」
思わずそんなことをいいながら、もう一枚追加でつくって、それもペロリと…(笑い)

料理って面白いね、いろんな食べ方があるんだ。

スッカリ、お気に入りになってしまった。
よし、
このバリエーションを広げれば、さらに楽しいよね、
やっぱり、情報は足で取れだよね…
たまには、こういう記事もいいよね…
なんちゃって、一人悦に入っている僕でした(笑い)

-cooking, discover, essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 今日はヒナゲシ

ショートムービー あれ なんとかして欲しいよね
ショートムービーというのかな、
よく分らない
あれ、
邪魔でしょうがない
消すのが大変なんだよ…
若い女性がきわどい水着とかで身体クネクネするの
そんな映像をポンと出されても興味がないんだよね…
ところが最近は
意味不明のショートムービーが頻繁に出てきて
「興味なし」と、
押すのも大変なんだよね…

スマホカメラを楽しむ 花の名前は分からい でも色がいいよね 

エッどこで撮ったのかって
「昨日は仕事で桜新町」というところの住宅街に行ったのだけれど、
待っている車がなかなか来なくてね…
一人で行っていたから
午前中、
花を撮って遊んでの

エッそれでお金もらえるの…
だってちゃんと規定の時間に行ってるし、
花を撮るったって、
いつ来るか分らない車(トラック)にちゃんと備えての行動だから…

どこか なにか なぜか寂しい夕暮れ時の風景…

写真から得た物語は

「ちょっとお腹空いたね」
「団子、ちょっと食べようか」
「アッお焼き、私、お焼きがいい、野沢菜」
「でも、蕎麦食べるんでしょう」
「大丈夫、食べられる」
そんな会話が聞こえてきそう…
同じ一日の終わりでも、若者とシニアでは、やはり感じかたが違うんだ。
そりゃそうだ、僕だって現役の頃は、曜日に関係なく、夕暮れが来るのが待ち遠しかったものね(笑い)

ホーの木の花 限界の美というのだろうか すでに峠を過ぎて崩れる寸前の美しさに魅力を感じる

もうかつての話だけど大阪から時々来ていた友達がいてね
来るとクラブに行っていたんだけど
その彼がよく言ってたの
「ここは君たちが遊ばせてくれるところだよね
でも話題を提供して場をつくってるのは俺たちだよね…」
確かにそうなんだけど、
「〇〇ちゃん、
ここでは
そういう無粋な話はしないの…」
止めてはいたが確かにそうなんだよね…
やっぱり話のキャッチボールって大切だよね…

内緒、よからぬたくらみ、そんなイメージだが

噂話(内緒)は男も大好き
噂話は女のものかと思っていたら、どうしてどうして、
男ばかりの僕の職場(警備会社)でも、昨日話したことが今日にはもう多くの人に伝わっているという有様。
しかも尾ひれはひれがついて
新人の頃、僕が先輩と喧嘩したのなんか、翌日に会った人が
「ああ、久保ちゃんやったんだってなぁ」
「はは、もう知っての、ハエー」
そんな調子なのである。
内緒話は内緒にならない。
もしかしたら、これ格言かもね(笑い)
おあとがよろしいようでアハハ

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます