cooking discover essei

お茶の葉でトースト、これが結構いけるの。サッパリとしていてとても美味しい

投稿日:2021年11月21日 更新日:

出がらしの茶葉でも、ちゃんとお茶の香りがして、爽やかなの、気に入った。

教えてくれたのは、「茶とあん」(阿佐ヶ谷)のママ。
お客さんの中に、お茶を飲んだ後、そのお茶を掻き出してムシャムシャと食べている人がいて(男性)
「えっお茶の葉食べるの」と驚いていたら、
「うん、美味しいよ、栄養成分もいっぱいだし」
マーそりゃ、お茶の葉だからねぇ、
しかもいいお茶の葉だからねぇ、
「でも、それ出がらしでしょう」
「そうだけど、口にいれて噛んでいると、お茶の香りがしてきて、美味しいの…」

そんな会話をママさんが聞いていて、

「トーストにして食べるとおいしいのよ」
「エッ トースト、どうするの…」
「出がらしの茶葉を硬く絞って水分をできる限り抜くの、それをバターを塗った上に置いて2分程焼けば出来上がり、サッパリとした味だけど、お茶の香りがして美味しいのよ」と。

それで、昨日(土曜日)

ヨドバシカメラに行って、一番安いオーブントースター(2500円)を買い、レジに行くと
「お客様、ゴールドポイントカードをお持ちですか」というので
「あるよ」
そう言って出すと
「お客様、実はですねぇ、昨日始まったばかりのキャンペーンなのですが、新しいカードに切り替えると、3000ポイントつくんですよ」
「何、3000ポイント…」
「ハイ」
「じゃぁ、これただで貰えるってこと」
「結論から言うとそういうことです」
「じゃぁ、やるよ、やるやる…」
「…」
ちょっと時間がかかったけど、そうやって、オーブントースターをゲットしたのはラッキーだった。

そんなことがあって今日、「茶とアン」に行き、

「あれ作るから、今日はお茶飲んで、その葉っぱ持って帰るからね」
そういってお茶を飲み、帰りに出がらしの入った袋を受け取ると、
硬い、四角いものが…
「アッいいものが入っている」
「思わずそういうと、目でちょっと合図が来たので」
お礼だけ言って帰り、さっそく腕まくり…

 

マスクがこんなところで役立つなんて

「ウン、お茶の葉絞るんだけれど、どうやって絞ればいいんだ」
「…」
考えていたら、役に立たないマスクがあったのを思いだし、探したが見あたらなかったので、
白い新しいマスクに茶葉を包み、思いっきり絞り上げて、
冷凍庫からパンを一枚だし、少し温めから、バターを塗り、その上に茶葉を置いて、パンがきつね色になるまでこんがり焼いて、パクっと、食べたところ、
バターとの相性がよくて、お茶の香りもして、食感としては、歯切れのいい野菜を食べている感じで、お茶の香りも楽しめて、とっても美味しいの。
で、「これはいい」
思わずそんなことをいいながら、もう一枚追加でつくって、それもペロリと…(笑い)

料理って面白いね、いろんな食べ方があるんだ。

スッカリ、お気に入りになってしまった。
よし、
このバリエーションを広げれば、さらに楽しいよね、
やっぱり、情報は足で取れだよね…
たまには、こういう記事もいいよね…
なんちゃって、一人悦に入っている僕でした(笑い)

-cooking, discover, essei

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生け花、最高のディスプレイだな、ハッと惹きつけられて、写真撮っていいですかと

花は最高のディスプレーだと思ったの。
だって、花がキレイに活けてあると、
「アラッ」と目をひくもの。
で、「ああ、錦松梅」美味しそう、「器はいらないから、中だけ買っていくか」となるものね。

ヤッたー Google Adsenseから、銀行口座の確認が完了しましたというお知らせ

メディアというのは、媒体に対して広告代理店がついて、それで収益が生まれて価値だものね(僕の概念)
この概念は、雑誌社やった時に、広告入れるのに苦労したから、余計、そう思うのかも知れない。
雑誌というのは、制作費がかかるので、広告を入れなければ経営がなりたたないの。
しかし、広告を入れるのは至難の業で、後にその経験を活かして、広告代理店としての活動をするようになるんだけど、バックにスポンサーを持っていると媒体との折衝が有利でとても楽になるの、
だってお金を出すのがこちらだから、ドンドン強気でいけるもの(笑い)

水のある風景、いいよね、心が和む、紅葉だけが秋ではないよね

水と言ってすぐ思い出すのが吉井勇作の
「かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」
うまいよねぇ…
なんとなく、なんとなく、なんとなく、心に響く
こういう表現が、その場その場でできたら楽しいよね…

レタス包みに挑戦 思いつくままにだけど美味しかったよ、とっても

丁度、作り上がったところに元パートナーが来て一緒に食べたのだが、「美味しい」と言って食べていたから、まずまずだと思う。
この料理、言ってみれば、ひき肉の甘辛炒めみたいなものだから、どう作ったって、それなりの味にはなるんだけどね…
実際に中華料理店で食べていたのは味噌味だったかどうかは忘れたが、今回は、北京ダックを想像して作ったからそうしたのだが、仮に、その作り方が違っていたとしても、これはこれでメニューになったと僕は思っているのである(いい加減笑い)

綿、綿花、コットンフラワー

それにしても面白いよね、綿花
そのままカバーをかければ、布団になっちゃうよね…
だから、子供の頃には、綿は工場でつくるものとねぇ…
こんなのが、広い所にバーと咲いていると、美しいよねきっと…
この目で一度、見てみたいと思うが、もう、この歳ではむりかな…
でも、これを撚り(より)をかけて糸にするなんて、いったい、誰が考えたんだろうねぇ…
調べて見ると
H・A・M・A木綿庵(ゆうあん)というというところが、綿の歴史について書いていた。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます