essei photo

写真を愉しむ 美しいねぇ羽を広げたヒヨドリさん まるで羽衣

投稿日:

この1瞬に精神を集中して

決まった時には、モニターを見なくてもわかるの
「ヨシ」
そう呟いてから、モノターを見ると、
「OH」とつい…
これが楽しい…
位置も…いい
偶然だと思うが、最高だね…

写真に理屈はいらない ただ楽しめばいい

理屈、ここにはもう、そんなものは存在しない
そうなんだよね、理屈じゃない、結果が全てなんだよ

その瞬間、その瞬間を狙ってシャッターを入れる…
楽しいねぇ写真
面白いねぇ写真

自己満足 それでいいんだよね

でもでもでも、
SNSにあげて「いいね」が来れば、なお楽しい…
写真って本当に素晴らしい…
そして楽しい…
あと2日頑張れば連休……
いいねぇ

昨日は仕事行くのイヤだったけど、ラッキーだった。
だって、現場に行くと
「昼まで遊んでていいよ」
そう言われて、車の中で数時間眠って、
昼めし食って現場に戻れば、2時間で終わり、
車で家のまえまで送ってもらって…
結果よければすべてよしだよね…
今日も愉し
明日も愉し
人生って、本当に本当に素晴らしい…
仙人になってよかったとつくづく思うこの頃である

-essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思いつき料理を愉しむ 広島菜 パスタと合わせ 粉チーズ これ美味い

パスタと言えばエピソードがある
もう随分昔の話である
なんで東京駅だったのかは忘れたけれど
仕事のパートナーの女性とレストランへ
で、
僕はイカ墨スパゲッティーを注文した。
そして出てくると早速
一口 食べて
何これ…
ウエーターを呼んで
「これちょっと食べてみて これお金がとれるもの…」
そう言って食べてもらったところ
お皿をサッと引き上げて
暫くしてから
「スミマセン 確認したところ、お塩を入れ忘れたといくこで、
スミマセンすぐ作りなおします」と
それを聞いて
「イヤ もう結構」
そう言って出たのだが
パートナーの女性が言った
「こんな処でイカ墨を頼むことが間違っている…」
だって、
キレイな立派なレストランだし…と僕

スマホカメラを愉しむ あら可愛 踊り子草の晴れ姿

病院
こんな環境にいると、
病人でなくても、
病人になっちゃうよね…
でも僕にはスマホがあり、
タブレットがあり
コンピュータがあるから
雑文を書いたり、
ラインでチャットを愉しんだり
映画を見たり…
することがいっぱいあるからいいのだけれど
そういうものがなかったら本当に大変だよねぇ…(笑い)

スマホカメラを愉しむ 新宿御苑前に出現した花壇が撮影スポットとして人気に…

アイディアだね
街路樹だけだと目を惹かないが
その周辺に花を置いてキレイにすれば
蝶々が飛んでくるように人が集まってきて話題になって
人気スポットに…
面白いね…

心に思わない現実はない…
閃いたアイディアを行動にして現実(ビジュアルに)してしまう
これこそまさに「量子力学」
(心に思わない現実はない)
と思わされたビジュアルだった。

電子書籍「私の和菓子帳」(豐田裕子 まめしば書房)が、Kindleで出版され昨日からAmazonで発売されている

著者の豐田裕子さんは、老舗の和菓子作りの家に生まれ、子供の頃から木型を見、和菓子作りの音を聞いて育った、
店はもう閉じたが、木型は残っている。
『わたしの和菓子帖』(まめしば書房)は、その木型に焦点を当てたエッセイ集、
文章、写真、デザイン、構成…
どれをとっても素晴らしい。
早速、買わせていただいた。いいね、最高」

no image

スマホカメラを楽しむ星の中でラッパを吹く女性 童話の世界を見ているよう

この花を見た瞬間僕の脳裏にあったのは、
蕗の葉の下に住むコロボックリの伝説
人に聞いた話なんだけど、
その民族は、
歯に糸をひっかけて、その片方を指で張って
音楽を奏でるのが得意だったと…
聞いた瞬間 
集団で糸を張って素敵な音楽を演奏する小人たちの姿が映像として
ながれ、それが記憶されていて、
星の中でラッパを吹く女性の姿を見て思い出したんだね…
こんな想像ができるのも、写真ならではの世界だよね…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます