コラム 本の紹介 雑記

雑文 日記について

投稿日:

記憶が撮らせる白いバラ

今日は、久保雅督です。

「撮って書いてワヤで笑える人生日記」

にお越しいただきありがとうございます。

今日は雑文です。

昔、フイルム時代に、
フォトライブラリーというのがあって、
写真を預けていると、
時々使われて、
結構な小遣い稼ぎになったのです。

そのライブラリーで、
白いバラの写真が、よく使われたので、
白いバラを見るとついつい撮ってしまうのです。

昔話しついでにもうひとつ

昔 と言っても10年程前のこと。
ある人を取材した
「僕はこれからの時代、ニートが台頭してくると見ているんですよ」と

ニートという言葉が
世間から、1種の差別用語として使われていた時代です。

聞いた瞬間
エエーと思いました。が、
果たして結果は、どうでしょうか。

今ネットで活躍している人達を見ると、
そういう人が随分いて、
その人達が開催するセミナーがとても人気になっていて、凄い稼ぎをしているのです。

アドセンス資格取得は
すごいビジネスチャンスを得たということらしい。

そういう人達に言わせると、アドセンスの資格取得は、大きなチャンスをつかんだことになるらしい。

しかし、それはあくまでチャンスであって、まだ何にも稼いでないのに
「私は、そんな大きなお金稼ぐ気もないし、そこに何の魅力も感じません。それよりも、最近始めた日銭稼ぎの仕事(警備員)は、毎日がイベントのようで結構楽しいのです。
それに、後に尾をひかない仕事
(例えば制作物の仕事の場合は、納品してしばらくは、大丈夫だったかなという心配事がついて回るから、お礼の電話はしないで下さいと…)
だから、いいのです。

とはいえ、ブログで多少稼げる実績だけは作っておきたいです。
なぜならそれが、ブログの価値につながるから…」

そう言うと、
「もったいない 先に稼いで後で
ゆっくり好きなことをやるべきでしょう」
と、20代の若者に説教されてしまいました。
それもまた、楽しからずや…です。

高齢者は、現実と向き合わなければならない

私が若ければそうするかも知れないけれど、
いかんせん、70歳。
後でなんて、悠長なことは言っていられない、
そう、今を楽しむしかないのです(笑い)

やっぱりうまい昭和の書き手

昨日の夜 コーヒーを飲みながら、
アロマセラピーのパイ
(ピーターソンのパイプの中にペパーミントの精油を染み込ませたティッシュを入れている)
をくわえ、ぼんやりしていたら、
草柳大蔵の
「花のある人花になる人」(グラフ社)
という本が目に止まって、パラパラと。

うまい 思わずうなってしまいました。

何がちがうんだろうか。
こういう文章の書ける人は、もういないのではと、
つい思ってしまいました。

「日記とは、ペンを手にした瞑想である」

その中に次のような文章が

「日記とは、ペンを手にした瞑想である」
といったのはアミュエルです。
日記の中で神と対話するのです。凄い人です。
「生きるということは、日ごとに快癒し、新しくなること、また自分自身を再び見出し、回復することである。日記は孤独なものの心の友であり、慰め手であり、医者である。毎日のこの独白は祈りのひとつの形式であり、魂とその本体の会話であり、神との対話である」(アーベイ版『日記』1872 串田孫一訳)

こういう文章に出会うと、ついついメモしてしまいます。

こういう文章を読むのは、やっぱり紙だね、つくづく そう思ってしまいました。

串田孫一さんの思いで

串田孫一もいいですね、
私の知り会いが国鉄関係(今のJR)
の職員向けの雑誌社をしていて、
串田さんにエッセイをお願いしたことがあります。

記憶に残っているその文章は、次のようなものでした。

「子供の頃、山坂を煙をはきながら必死で登ってゆく汽車の姿を見ながら、大人たちがそれを下り列車と呼ぶのが、僕には理解できなかった…」
うまいなぁと思った、
そんな記憶が甦てきました…。
こんな雑文が自由に書ける、そんな媒体が、私は欲しかったのです。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 
 
 
 

-コラム, 本の紹介, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒヨドリさん、英語ではブルブル 日本ではどこでもいるが、そういうの、珍しいんだってね

目次書くことがない時の検索頼み いいよね、タブレット、なんでもすぐに出てくるんだから… 本当に助かる。説明によると、鵯の左の偏は卑しいではありません 書くことがない時の検索頼み ヒヨドリ(英語でブルブ …

ハイビスカス

目次色、形(姿)の持つ力って凄いね。最近ゴージャスなハイビスカスが目立ち始めたやっぱり花は午前中に撮るべきだな集客のキャッチコピーでいう程、写真は簡単にはうまくならないと思うんだけど…集客キャッチコピ …

散歩カメラは軽いカメラがいい。安いカメラをいかに使うかが面白い

目次カメラがあれば写真は撮れる。が、無ければ撮れない。大きな写真は作れないけれど、そこはもう、割り切って…最近の高級カメラって、写りすぎじゃないの。肉眼以上に見えると、逆に臨場感が消える、そんな気がす …

これ楽譜?いろんなことを空想して遊ぶ遊びこそ楽しい

目次天才はどこからでも閃きを感じる音楽ではないけれど、確か、「ビューティフルマインド」という映画だったと思う。を、この写真から連想したのだった見よう見まねでつくった僕の発想法バカで暇人でなけれはできな …

日記といいながら、なかなか更新できない。でもフェイスブックに書いているから

目次フェイスブックはブログを書くためのメモ そう思うと気持ちが楽になる睡蓮はキレイだけど、形が整っているのは案外少ない宇宙との交信の図旅行で体験した信じがたいシンクロニシティーラインというアプリ とて …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます