コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

ハリーポッターの映画を見ているみたい。それにしても魔法使いの乗り物はなぜホウキなの…

投稿日:

 

ホウキに乗った魔法使い

確かあったよね、ホウキの乗り方を習うシーン。
ハンドルもブレーキもないから、なかなかうまく乗れないの。
ホウキに乗れないと、卒業できないから大変なのだ。
随分見たな、この映画。そうシリーズで。

自然はいろんな物を見せてくれる。その発見が楽しい

昨日、新宿御苑を歩いていたら、蜘蛛の巣にかかった枯葉があって、じっと見ていたら、角度によって、「魔法使いがホウキに乗って飛んでいるように見えた」ので、いただいた。
周りの環境もよかったしね…

ところで、魔法使いはなぜホウキを乗り物にするのだろうか…

やっぱり調べた人がいた。
そのアンサーを見ると、
「絵にしやすぅいから、
古い文献では、ホウキに乗るとは限ってなく、香油を塗ってとか、フクロウに変身してというのもある」

これは面白い。

「ある漫画で、魔女の女の子がホウキを壊して困っていると。弟が
ホウキがないと飛べないの」と聞く
「飛べるわよ」
「じゃぁホウキなしで飛んだらいいじゃん」
「外に出るのに靴を履かな人がいる?」と。

やっぱり、ホウキいるんじゃん(笑い)
そうなのだ、僕の概念では、やっぱり魔法使いにはホウキがいるのだ。とても合っているしね…
でも、ホウキ、マシーン見たいに壊れるのかね…

そういうことは考えないの、これは架空の話なんだから…。
それにしても、ホウキ、うまいこと考えたよね。
こういう柔らかい頭でないと、童話は描けないよね…
そう、「ホウキもやっぱり壊れるの」なんて言っているようではね…
しかし「空中浮遊」には、多くの人が興味を持っているみたい。
だって、そういう修行をしている人達の映像、ある事件のニュースとして、テレビで随分、見たもの…

空中浮遊、その感覚を味わうことはできるよ

そういうと、エッと思うかも知れないが、簡単だよ。お風呂でやるの。
思いっきり息を吸い込むと、体がフーと浮いてきて、息を吐くと、スート沈む。
ジェットを使いながらそれをやると、とてもリラックスできるんだ。
ダイビング、あれこそまさに空中浮遊だよね…
あれも、慣れるまで体をコントロールするの難しいから、やっぱりホウキを乗りこなすの難しいよね(笑い)
一体、何書いてんだ。
いいじゃない、そういう自由な発想もたまにはねぇ…
ハハハ、「ボケ防止」と言えばなんでも通用する。高齢者はいいねぇ…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蝶々

目次蝶々のこの脚の逞しさ脚、大事だよね…空手の達人から習った脚のトレーニング法ポンと出してグイと引く、トレーニング(リハビリ)やっぱり大事だよね、 蝶々のこの脚の逞しさ 飛んでいる蝶々、ヒラヒラと舞う …

あつもり「あつまれ森の動物たち」ゲームがなぜ人気なのかについて調べて分かったことは

目次自然はいいなといいながら、やっぱり文化的生活がいいんだね特に、今のようなコロナ禍で動けない状態になると、気持ちの切り替にゲームは理想写真は、白黒エリマキザル、なんかちょっとコワイ感じだけど、なんと …

四十雀と書いてシジュウガラ 知らなきゃ読めないよね

目次シジュウガラ僕の現役の頃は、すべて単焦点、マニュアルフォーカスの撮影だった軟式テニスは、前衛のネット際のプレイを狙う。なぜなら、それが、絵になるから…小鳥の撮影は、葉っぱの落ちた今がねらい目。シジ …

ナマハゲムーン 秋田県で開発されたダリアらしい

目次ナマハゲとは月の写真随分撮った。でも今のように簡単ではなかった赤から黄色にそして透明になって天高くに舞い上がるのである ナマハゲムーンというのだそう。 調べて見ると、秋田県で作られたダリアで、平成 …

ヒヨドリさん楽しそうだね、口笛が聞こえてきそう

目次寒桜の甘い蜜は、ヒヨドリ(英語でブルブル)の大好物。カメラを趣味とする僕は、実はメジロを狙っていくのだけれどね、ヒヨドリ 一見 地味だが、羽を広げると、とってもキレイなの。 寒桜の甘い蜜は、ヒヨド …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます