コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

この葉っぱを見た瞬間に、ペルソナと勝手に命名してしまった

投稿日:

モンステラ(マドカズラ4号)というのだそう

この葉っぱを見た瞬間、昔観た映画「ペルソナ」(ベルイマン)を思い出した。

思い出したと言っても、映画の内容は覚えてなくて、
渋谷の東急文化村で観たということ、ベルイマンが監督した映画ということしか覚えてないのだが、
たしか、「人格」をテーマにした映画だったと思う。

初めて体験したカルチャーショック

この頃、僕はまだ学生で、
岡山の田舎から東京に来て、
「東京写真専門学校」に通っていたのだが、友達同士の会話
「ベルイマンの映画、いいね」とか、
「ゴダールのカメラワークが斬新だ」とか
「アントニオーニーの描写、あのデティールの描写、凄いね」という、
そんな会話についていけず、必死になって映画館に通っていたのだった。

ウン、僕の好きなのはベルイマン…なんちゃってね

「久保君は、どんな映画好きですか」
そんなことを聞かれると困ってしまうから、
「そうね、僕は、ベルイマンがいいね、沈黙、最後までよく分らないのだが、人間の持つ、心の闇、なんか惹かれる映画だよね…」

実際には何にも分かってないのだけれど、恰好つけて、そんなことをいってたのを、思い出した。

そうそう、この頃はカミューとかカフカがもてはやされて、
人間の内面をテーマにした小説が人気だった。
ヌーベルヴァーグ(新しい波)映画も、そういう傾向だったと思う。
そういう映画を好んで観に行ったのは、もしかしたら、それは、一時の熱病だったかも知れない。

当時は、芸術論を熱く語る人が多かった

この頃は喫茶店が多くあって、
あっちこっちで、友達と、コーヒーを飲みながら、熱く語り合う姿が見られた。
この雰囲気、僕は嫌いではなかった。
仲間が集まれば、あっちこっちで…
今から考えると、まさに青春だった。
そして純粋だった。
本当にいい時代だったと思う。
そういう熱い時代があったから、今がある…
そして今も、制作というものを意識した時には、あの頃の、あの感覚が首をもたげてくるのである。

久しぶりに頼まれて絵の複写を、イヤー難しいね、まいったまいった

 

先日、友人の画伯に頼まれて、絵の複写をしたのだが、久しぶりに緊張した。

画伯の絵についているタイトルは、
「表裏」「不条理」「時間と空間」「多次元空間のマジック」「曲がった空間」「…」
そのタイトルが示す通り抽象画なのだが、
さすがに「武蔵美」出…

線と色との画面構成が素晴らしく、「オッ」と思うのだが、
絵に対して真っすぐにカメラを入れ、光を揃え、なおかつ、約30点の作品の色の統一をとやっていると大変だった・が、撮った写真を大きいタブレットに入れ、見せると
「久保さん これ、俺が描いた絵だよな…」
「そうだけど」

「なんか、この画面で見ると、オリジナルよりグレードが上がって見えるんだけど…写真ってこんなにキレイに撮れるんだ」
そう言って、何度も何度も繰り返し見入っていた。
その様子を見て
「喜んでくれて何より」と安心したのだが、
「こういうのは、もう、やりたくないな」と、つい思ってしまった。
複写という仕事は、それ程難しいし、神経を使うのである。

久しぶり芸術談義、楽しいね

その絵を見ながら、久しぶりに、ビールを飲みながら、熱い芸術談義をしたのだが、とても楽しかった…

そう、お金のためという概念を超えて、純粋に芸術、絵の中に秘められたテーマ、哲学…

よく分らないけど、やっぱりいいね…
でも最後
「こういう会話、お互いが分かってるもの同士でないと、通じないよね…」というのが、実によかった。
そして思った、こういう話は、居酒屋がいいな…と…

 

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

四十雀と書いてシジュウガラ 知らなきゃ読めないよね

目次シジュウガラ僕の現役の頃は、すべて単焦点、マニュアルフォーカスの撮影だった軟式テニスは、前衛のネット際のプレイを狙う。なぜなら、それが、絵になるから…小鳥の撮影は、葉っぱの落ちた今がねらい目。シジ …

オーガニック専門料理とドリンクのレストランカフェの中庭で手作りの物販というイベント

目次多肉植物の寄せ植えは年齢、性別を超えて人気これは私が好きな寄せ植え作家、自らが販売するから楽しい作り手にとって、自分の作品がお嫁にいく、しかも、どんな人のところにというのが分かるから、とっても嬉し …

セミ、面白いね、梅雨空の時には音もしなかったのに、夏になった瞬間に、まぁ、賑やかなこと

目次青空とともに鳴き始めたセミうるさくても風物詩、やっぱり大切だよね写真を撮るには、やっぱり何かきっかけがないとね声はすれども姿は見えず スイッチが入るとは、こういうことだったのか 余禄 青空とともに …

同じ葉っぱでも、枯れ葉と見るか、黄金の葉っぱと見るかによってその価値観は変わってくる

目次「Autumn Leaves」ちょっとセンチで、なんとなく虚しさを感じる、僕の病気…ォー こういう見せ方もあるのか…自分の内なる世界にいる、もう一人の自分の声を聴くというのだろうか… 「Autum …

生きることは食べること。本物の食品を食べてこそ、健康は保たれる

目次食べるとは、自然の恵みをいただくということうまいことできているよね、人間の身体 科学の発達は、生態系のメカニズムを狂わしてしまった コロナ騒動の原因の根本は、化学食品? 人が活動を控えると、自然は …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます