コラム フォトエッセイ 思いつき 雑記

この葉っぱを見た瞬間に、ペルソナと勝手に命名してしまった

投稿日:

モンステラ(マドカズラ4号)というのだそう

この葉っぱを見た瞬間、昔観た映画「ペルソナ」(ベルイマン)を思い出した。

思い出したと言っても、映画の内容は覚えてなくて、
渋谷の東急文化村で観たということ、ベルイマンが監督した映画ということしか覚えてないのだが、
たしか、「人格」をテーマにした映画だったと思う。

初めて体験したカルチャーショック

この頃、僕はまだ学生で、
岡山の田舎から東京に来て、
「東京写真専門学校」に通っていたのだが、友達同士の会話
「ベルイマンの映画、いいね」とか、
「ゴダールのカメラワークが斬新だ」とか
「アントニオーニーの描写、あのデティールの描写、凄いね」という、
そんな会話についていけず、必死になって映画館に通っていたのだった。

ウン、僕の好きなのはベルイマン…なんちゃってね

「久保君は、どんな映画好きですか」
そんなことを聞かれると困ってしまうから、
「そうね、僕は、ベルイマンがいいね、沈黙、最後までよく分らないのだが、人間の持つ、心の闇、なんか惹かれる映画だよね…」

実際には何にも分かってないのだけれど、恰好つけて、そんなことをいってたのを、思い出した。

そうそう、この頃はカミューとかカフカがもてはやされて、
人間の内面をテーマにした小説が人気だった。
ヌーベルヴァーグ(新しい波)映画も、そういう傾向だったと思う。
そういう映画を好んで観に行ったのは、もしかしたら、それは、一時の熱病だったかも知れない。

当時は、芸術論を熱く語る人が多かった

この頃は喫茶店が多くあって、
あっちこっちで、友達と、コーヒーを飲みながら、熱く語り合う姿が見られた。
この雰囲気、僕は嫌いではなかった。
仲間が集まれば、あっちこっちで…
今から考えると、まさに青春だった。
そして純粋だった。
本当にいい時代だったと思う。
そういう熱い時代があったから、今がある…
そして今も、制作というものを意識した時には、あの頃の、あの感覚が首をもたげてくるのである。

久しぶりに頼まれて絵の複写を、イヤー難しいね、まいったまいった

 

先日、友人の画伯に頼まれて、絵の複写をしたのだが、久しぶりに緊張した。

画伯の絵についているタイトルは、
「表裏」「不条理」「時間と空間」「多次元空間のマジック」「曲がった空間」「…」
そのタイトルが示す通り抽象画なのだが、
さすがに「武蔵美」出…

線と色との画面構成が素晴らしく、「オッ」と思うのだが、
絵に対して真っすぐにカメラを入れ、光を揃え、なおかつ、約30点の作品の色の統一をとやっていると大変だった・が、撮った写真を大きいタブレットに入れ、見せると
「久保さん これ、俺が描いた絵だよな…」
「そうだけど」

「なんか、この画面で見ると、オリジナルよりグレードが上がって見えるんだけど…写真ってこんなにキレイに撮れるんだ」
そう言って、何度も何度も繰り返し見入っていた。
その様子を見て
「喜んでくれて何より」と安心したのだが、
「こういうのは、もう、やりたくないな」と、つい思ってしまった。
複写という仕事は、それ程難しいし、神経を使うのである。

久しぶり芸術談義、楽しいね

その絵を見ながら、久しぶりに、ビールを飲みながら、熱い芸術談義をしたのだが、とても楽しかった…

そう、お金のためという概念を超えて、純粋に芸術、絵の中に秘められたテーマ、哲学…

よく分らないけど、やっぱりいいね…
でも最後
「こういう会話、お互いが分かってるもの同士でないと、通じないよね…」というのが、実によかった。
そして思った、こういう話は、居酒屋がいいな…と…

 

-コラム, フォトエッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ムクゲパイプという花なんだけどね、どう見てもこれ、スタイル画だよね

目次これからの季節に、いいよね 自然はまさに生きた博物館だね、ウマノスズクサという名前の由来 これからの季節に、いいよね  色の組み合わせもいいし、涼しそうだし素敵じゃない  スカートはこれサラサかな …

瀧と滝の違いとは、瀧の方が古いように感じるが、古いのは滝らしい

国土地理院では

「滝とは、流水が急激に落下する状態、瀑布(ばくふ)ともいう。普通は、高さが5メートル以上で、いつも水が流れているところ」としているらしい。

瀑布とは、水の落下が白い布のように見える様子を表わした言葉。

写真では、この水の流れ方を、どのように表すかと考えて、シャッタースピードを決める。
たぶん、この写真は30分の1秒位(水の流れ方から判断して高速になればなる程、流れは止まって点になる。
反対に、スローシャッターになればなる程、布のように白くなる。

タイトルの「滝」と「瀧」の違いは
ヤフー知恵袋のベストアンサー選ばれた解答によると
「滝」の方が古く「瀧」は後からできた字なのだそう。
タキは「竜、龍」という字に「さんずい」をつけたもの。
「竜」と「龍」「竜」が古く「龍」は後からできた字で意味も読みもまったく一緒。

基本的には「瀧」が基本で「滝」は古字とされているのだそう。
日本語って、本当に難しい。

滝と言えば滝行
昔、なんの雑誌だったか、
「久保さん、身延山に行って、女性が滝行している写真を撮ってきて欲しいんだけど…」
「エーと思った」が言われれば行かないわけにはいかない。
夜中に車を走らせて、その滝のあるところまで行った。冬だった。
待てど、待てど、人はいない。
「こんな寒い時に、瀧に打たれる人なんかいないよなぁ」
しかし、仕事、待って、お願いして撮らさせてもらうしかないのだ。
時計の針はもう、12時を廻っている。
しかし、しかし、しかしなのである。
「ウーン、これはもうダメだな」
そう思った瞬間だった。
30歳位の女性が現れて
「朝からずっとここに居ますけど、何してるんですか」と声をかけられた。
で、事情を説明すると
「私でよければやりましょうか」と。

春ですネェー 心ウキウキ 本当に気持ちがいい

あらまー とろけちゃって… これを撮った時には、絵本という発想はなかったから、 一番いいところが、ドーンと真ん中に。 一枚物の写真で見せる時にはそれでいいのだけれど、 本の見開きでとなると、一番見せた …

大人の休日倶楽部を利用して旅行を愉しむ

目次とってもお得、そして便利な大人の休日倶楽部大人の休日倶楽部とは、津軽鉄道ストーブ列車特典のケーススタディー秋田の観光きりたんぽ鍋には地酒「じょんがら」がよく似合う五能線は日本海の景色が美しい鰺ヶ沢 …

ヘリオトロープ 前にこの写真、一度出しているのだけれど、ちょっと気になることがあって、再び

目次ヘリオトロープヘリオトロープの香水は、二人の出会いのところで使われた、小道具だった難しいね、男とと女の言葉にできない心の綾… ヘリオトロープ 前にこの写真、一度出しているのだけれど、ちょっと気にな …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます