discover essei flower photo

これは紅葉?黄葉?キレイだね、まるで光のページェント

投稿日:

キレイだね、なんという名前の木だったか、確認するのを忘れた。

調べてみるとあった、多分、「フウ」だと思う。

「フウ」漢字で書くと木に風「楓」

日本語ではこの字は、「カエデ」と読まれることが多く、カエデ科カエデ属の植物を指すらしいが、
「フウ」と読むと、マンサク科フウ属の植物を指すことになると。
難しいね、日本語…

「カエデ」と「フウ」 別の種類なのに同じ漢字なぜ

「カエデとフウ、種や実、葉の付き方もまったく異なるのになぜと思うが、
種の葉が似ていて共に美しく紅葉することから、混同されているようです」という説明があった。

それにしても、同じ漢字を使って、全く種族の違う植物の両方につけているって、理解できないよね
で、さらに調べていたら面白い記事に出会ったので、それをちょっと。
「Life is Beautiful」
というサイト
ここからは記事はその抜粋
「椛・紅葉・楓のもみじ/こうよう/かえでの違いと使い分け!黄葉の読み方も!」
というタイトルで書かれていた記事。

紅葉といえば秋の風物詩。

紅葉もみじ狩りに行こうと計画しておられる方も多いと思います。

漢字で表現すると、

“もみじ“と入力→「紅葉」「椛」「黄葉」
“こうよう“と入力→「紅葉」「黄葉」
“かえで“と入力→「楓」

とそれぞれパソコンで文字変換されますが、漢字の違いは一体何なのでしょう。

・品種や成長過程で違う?
・同じものだけど呼び方が違うだけ?

改めて考えると「?」が沢山。

紅葉狩りを楽しむための、ちょっとした豆知識についてまとめました。

ヘー、ブログの記事って、こういう風に描くんだ(へんなところで感心笑い)

「『木』と『花』から成り立つ『椛』という漢字は、

辞書の漢和辞典(『旺文社 漢和辞典〔第五版〕』)によると

(訓読み:もみじ)

という国字で、準1級レベルの漢字として登録があります。

「椛」の意味2つ
植物の「もみじ」。
もみじの木の葉が赤く色づく鍵『もみじ』

上記のように、『もみじ』という言葉自体には

  1. 「もみじの木」そのもの
  2. 木の葉っぱの色が、赤や黄色にく色づく様子

という2通りの意味があります。

凄いねこの人、よくまとめてる。
興味があったら是非そちらを
「椛・紅葉・楓のもみじ/こうよう/かえでの違いと使い分け …」で検索すれば出てきます。

エッ、お前、紹介しないの、

だって僕にはこれほどまとめる力ないし、根気もないし…(笑い)
戯言しか書けないし…(笑い)

その戯言

昔、もうはるか昔だけれど、
スイス、ジュネーブで見た紅葉はこういう色の「黄葉」だった。
行ったのが今頃だったんだろうね…
レンタカー借りてシオン城まで走らせたの。
道なんか、全然分らない。
それでレンタカー
無謀もいいところだよね(苦笑い)
車には二人の日本人女性が同乗していた。
運転は僕
車は走らせているが、どちらに向けて走ればいいのか、それさえ分らない。
助手席に乗っている女性に言った
「道を聞け」と
「どう言えばいいの」と女性
「窓をあけてカッスルシオンと叫べ」と
女性は言われた通りに窓を開けて大声で
「カッスルシオン」と。
すると、道にいた人が走っている車の方向を指して
「ゴーストレート」
「サンキュウー」
よくやったよねぇ…

黄葉にフロントが溶け込んで

シオン城につくと、駐車場の周辺は黄葉まっただなか。
借りていた車が黄葉と同色、
車を止める時、フロントの色が黄葉に溶け込んで、縁石に乗り上げてしまった。
危うく車を傷つけるところだったが、それはなかったので助かった(笑い)
でも、そういうのて、記憶の中にいつまでも残っているんだね、黄葉を見る度に思い出すのである。

 

 

 

-discover, essei, flower, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

栗が送られて来た。とても沢山 どうやったら美味しく食べられるのか勉強したよ

栗とベーコンの相性調べてみると、
グッドなようなので
僕得意の簡単栗ご飯いけるね
ご飯に酒と醤油、ミリン少々入れ、
そこにベーコンを細かく切って混ぜこみ
栗を上においてラップをかけて5分間チンするだけ
仕上げにクレソンなどを添えるといいかもね…
栗はすでに水につけ、
下処理は住ませているので後は煮るだけ
ポイントは煮すぎないこだな…
いろんなところに行ってもう喋りまくっているから失敗するわけにはいかないのだ…

スマホで撮影白椿、夏に咲く白い椿は沙羅双樹とも呼ばれるが

花も調べてみると、いろいろあるねぇ…
白椿、凛として襟を正している、そんな花の姿がいいねぇ…
僕は猫背で姿勢が悪いから、よけいにそう感じるのかも知れない…
それにしてもスマホ楽しいね、
「おじさんこの花、キレイだねぇ、写真撮っていい」
そう声をかけるだけで、誰とでも気軽にしゃべれる(笑い)
いつもはただお金のやりとりをするだけの不愛想なおじさんなのに、
そうやって写真を撮っていると、ニコヤカな笑顔で迎えてくれるようになった。
スマホカメラ、コミュニケーションツールとしても重宝している(笑い)

ベンチ スッカリ僕の友達、ここに来れば、なぜか心が落ち着くのである

ベンチ、ここに来れば、なんとなく、ホッとする
光の中に、ヒンヤリと冷たい風、空気を感じる今頃の季節になると、
「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓越しに外の景色が見える喫茶店の椅子に座って、ボンヤリと外を眺める時間が多くなった。赤いワンピースの素敵な女性…お洒落なブルゾンの素敵な人…
あら、そのワンちゃん可愛いね、二子なの。
お気に入りのファイロファックスに、太字のボールペンで、そんなことを走り書きしている…
そんな時間が僕は好きなのである」
しかし今は、そういう喫茶店は少なくなってしまったので、今は公園にきてベンチに座って、こうして人の流れを流れを眺めているのだが、楽しいねぇ…
 作為のない映画…
ストーリーは想像でいくらでもつくれる」

こんなメモ書きがあっちこっちにある。

ムードを楽しむ なんとなくいいよね、この雰囲気、このムード

詩、ポエム、エッセイ、コラム…
思ったことを言葉にすることで、それを創作(形にする)人のことを詩人、ポエジスト、コラムニスト、エッセイすと、写真に撮れば、写真家…

自分がそういうことをしているのであれば、名乗ればそれでいいこと、
資格があるわけではないのであある。

ならば僕も、名刺をつくって「ポエジスト」とか、書いてみるかな
「エッポエジスト…珍しい」
名刺を交換してそう言われたら、ハハと笑って、
「戯言です」と言っとけば、それでいいんだ…
いいね、それ、よし」これやろう(笑い)

ベンチ
枯れ葉…
なんとなくなんとなく、そこには何かを感じさせるムード、雰囲気がある
好きだな、このムード、この雰囲気、アトモスフィア… by gatoku
なんてね…

軽羹を 見るとなぜか買ってしまう。子供の頃からなぜか親しんでいたからつい懐かしくて…

日本茶 美味しいよね…
茶とアン(阿佐ヶ谷の喫茶、コーヒーはない)
に行きだしてから
茶葉に最近凝っているのだが
いいお茶、
ちゃんと入れると、
本当に美味しい…

でも
その美味しさ知らない人結構多いかも
湯冷まし宝瓶 湯呑…
やっぱりいいよね日本の文化…
今から思えば宝の山に囲まれていたのに…
失って知る文化の重みだね…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます