discover essei idea life mind 

さらば2021年、よし、時空を超えて新たな年で新たに生きよう

投稿日:

なんか変な年だったね…

社会の動き、そんなことは僕にはもはやどうでもいいこと。
自分のやりたいことだけを、やりたいように楽しんでいればいい年なのだから、最高に自分の世界を楽しまなければね…
そのためには、あれをやって、これをやってと、やり残したことを考えるのはやめて、あらたな挑戦として始めるほうがいいのでは…
そう思ったから、
今までにやり残してことは全て忘れて、あらたに始めることとして、フローチャート(KI法の真似事)をつくってみようかなと、コンピュータのスイッチをいれところなの(笑い)

やっぱりフロー化、視覚化すると分かり易くなるから

だって、やり残していると考えると、未完成が余りにも多くて、何から手をつければよいのか、分からなくなってしまうから…(笑い)
そして出来ることからやっていく…
できなかった事は、これはもう、出来ないものとして諦める
「OH これは凄い」と、自分の閃きに悦にいる
そう、基本的には、何をしなければというものはないのだし、オブリゲーションのある締め切りはない自由人なのだから…
そういうのを考えていると本当に楽しいね(笑い)

ようやく自由人の楽しさが分かったそんな気がする

自由に働き、自由に日々を楽しみ、多くの人と友達になって、撮りたいものがあったらそれを撮り、書きたいものがあったらそれを書く…
いいね、まさにまさにまさに、吉田兼好になった心境(笑い)
でもひとつだけ…
何…

環境が整ったアドセンス、楽しみながら収益化を…

せっかくグーグルアドセンスから入金されたのだから、やっぱり、
書いたものが収益になるのが理想なので、来年は、少しづつ収益化できるようにと思っているのである
うん、大分コツ掴んだので、頑張ってみようかと思っているのである。

ウイウイウイルユーロックユー… 
さっきからケイコリーのそんな曲がブルートゥースイヤホンで繰り返し流れている
いいね、この曲
聴いていると、とても元気になれる…

-discover, essei, idea, life, mind 

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベンチ スッカリ僕の友達、ここに来れば、なぜか心が落ち着くのである

ベンチ、ここに来れば、なんとなく、ホッとする
光の中に、ヒンヤリと冷たい風、空気を感じる今頃の季節になると、
「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓越しに外の景色が見える喫茶店の椅子に座って、ボンヤリと外を眺める時間が多くなった。赤いワンピースの素敵な女性…お洒落なブルゾンの素敵な人…
あら、そのワンちゃん可愛いね、二子なの。
お気に入りのファイロファックスに、太字のボールペンで、そんなことを走り書きしている…
そんな時間が僕は好きなのである」
しかし今は、そういう喫茶店は少なくなってしまったので、今は公園にきてベンチに座って、こうして人の流れを流れを眺めているのだが、楽しいねぇ…
 作為のない映画…
ストーリーは想像でいくらでもつくれる」

こんなメモ書きがあっちこっちにある。

スマホで撮影、クササンタンカ、リズムがあっていいよね、楽しそう

撮影する時意識していることは…
意識しているのは常に宇宙観(感)、アナザーワールド、物語が感じられる写真…そう、もうひとつの何か、サムシンエルスを求めているんだけどね、なかなか難しい…

スマホカメラを愉しむ あるマンションのベランダ見事

Googleの「Lens」
いろんなものが調べられるので重宝している
これ入れておくと便利がいいよ…

スマホで撮影万世橋(秋葉原)手持ちでこれだけ撮れるんだから驚くよ

スマホカメラ、本当に便利がいい。
これだけ撮れれば十分だよねぇ、
使うのは、SNSか、挿絵、ポストカードにするか、プリントでもA3位までなら大丈夫だしねぇ…
こういうのを考えると、写ることが貴重な時代にカメラマンやってて良かったと、今さらながらつくづく思う(笑い)
今日もお節介で、講釈を垂れてしまった。
どうでもいいことだけど、知っているとやっぱりいいと思うから(笑い)

スマホカメラを楽しむ 今日の花はチエリーセイジ 会話する花 なんとなくそんなイメージ 

この写真から連想している僕のイメージは
ユーチューブの
「癒しの朗読」
「山本周五郎」(読み手アリア)
スッカリこれにはまっていてね、
時間があれば聞いているの…
語り手のアリアさんは女性(若くはないと思う)なんだけど、
落ち着いた低い声で声色も時折変えたりたりして
実にうまいの
そう、
聴いていると物語りが映像となって映画のように見えるの
ストーリは
正道
義理人情
男と女の心模様…
それをからめた難題の物語が深刻な方向へと流れていくのだが
最後の最後
「おお そうしたか」
という方向に転じて
なる程と感心させられると同時に
泣かされるんだけれど、
そのストーリーの組み立てが絶妙で、
1つ終わるとまた一つと聞くのだが、
本当にうまい

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます