discover essei idea life mind 

さらば2021年、よし、時空を超えて新たな年で新たに生きよう

投稿日:

なんか変な年だったね…

社会の動き、そんなことは僕にはもはやどうでもいいこと。
自分のやりたいことだけを、やりたいように楽しんでいればいい年なのだから、最高に自分の世界を楽しまなければね…
そのためには、あれをやって、これをやってと、やり残したことを考えるのはやめて、あらたな挑戦として始めるほうがいいのでは…
そう思ったから、
今までにやり残してことは全て忘れて、あらたに始めることとして、フローチャート(KI法の真似事)をつくってみようかなと、コンピュータのスイッチをいれところなの(笑い)

やっぱりフロー化、視覚化すると分かり易くなるから

だって、やり残していると考えると、未完成が余りにも多くて、何から手をつければよいのか、分からなくなってしまうから…(笑い)
そして出来ることからやっていく…
できなかった事は、これはもう、出来ないものとして諦める
「OH これは凄い」と、自分の閃きに悦にいる
そう、基本的には、何をしなければというものはないのだし、オブリゲーションのある締め切りはない自由人なのだから…
そういうのを考えていると本当に楽しいね(笑い)

ようやく自由人の楽しさが分かったそんな気がする

自由に働き、自由に日々を楽しみ、多くの人と友達になって、撮りたいものがあったらそれを撮り、書きたいものがあったらそれを書く…
いいね、まさにまさにまさに、吉田兼好になった心境(笑い)
でもひとつだけ…
何…

環境が整ったアドセンス、楽しみながら収益化を…

せっかくグーグルアドセンスから入金されたのだから、やっぱり、
書いたものが収益になるのが理想なので、来年は、少しづつ収益化できるようにと思っているのである
うん、大分コツ掴んだので、頑張ってみようかと思っているのである。

ウイウイウイルユーロックユー… 
さっきからケイコリーのそんな曲がブルートゥースイヤホンで繰り返し流れている
いいね、この曲
聴いていると、とても元気になれる…

-discover, essei, idea, life, mind 

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

太田黒公園の紅葉のライトアップは超人気のイベント、これをみなくては…

この庭園、見所がいっぱいあって、カメラ、どこに向けても絵になるから、とても楽しい。
杉並、
雰囲気としては、閑静な住宅街なのだが、その中にあってなお素晴らしい日本庭園とその中に建てられた和洋瀬中の音楽の館(どういう表現をしていいのかわからない)
洋風建築のようなんだけど、日本的でもあって、壁はベンガラのように見える。
武蔵の雑木林を透かして見えるこの瀟洒な建物、この雰囲気、そして、池からそこに行く石畳の階段は、未来の希望に繋がる特別の道のようで、なんて言えばいいんだろう、好きだなこの雰囲気
likeではないfavorite,そんな感じ。
こういう雰囲気、アトモスフィア、この空間がつくりだす特有の空気感…、スッカリお気に入りになってしまった。

idraftアプリ,これいいね、文字数を教えてくれるし校正もしてくれる

100文字エッセイに挑戦」
「100文字のエッセイを始める。
なぜ100文字。
ツィートに載せるものだから。
俳句は17文字、短歌は31文字。なんとかなる。
テーマは今日会った人。

やっぱりいいね、夜の荒木町、寒い夜は湯豆腐がいいね

ゴールデン街で店内に囲炉裏を切った店
一度しか行けなかったけれど、ゴールデン街にあった、店内に囲炉裏があって、高齢のママさんが三味線を弾いて遊ばせてくれるの、素敵なママさんで、とてもお気に入りだったのだけれど…
その時も、いきなり電話が来て
「あの時撮った写真、プリントしてくれ」と。
昨夜行ったこの店のママさん(こちらは若い)も、ゴールデン街のママさんを知ってたみたいで
「えっ、あの写真を撮った人…あれはいい写真…」と
嬉しいね、初めて会った人が、僕の撮った写真を見ていて、驚きと同時に褒めてくれるの…
その言葉に感激してしまった。
というわけで、荒木町のこの店、スッカリお気に入りに(笑い)

「福寿草」 幸福の「福」と長寿の「寿」からつけられた名前らしい 

高齢になると、やっぱり考えるよ、美学として
70歳を超えると、身の周りのものは整理して身軽になっておかなければ━と、考えるのだけれど、本なんか、一旦捨てたのにまた増えてきている、困ったもんだ…
覚悟、悟り、やっぱり難しい…
今日はちょっと寝すぎてしまった上に、コンピュータの動きが悪くて時間ばかりが過ぎていくので、このへんにしとこう、
しかししかししかし…
どこかでやっぱり自分と折り合いをつけて、無駄なものは極力削いでおかなければならないのは確かである

アデニューム・オスベス砂漠に咲く赤い花、沙漠のバラが美しい

僕の行ったたクブチ沙漠は沙の粒子が細かくて、まさしくそれは、極めて女性的だった。
僕が行ったクブチ沙漠は粒子が細かいキレイな沙漠で、
風に吹かれていろんな山が出来ているのだが、
その姿は、裸の女性がズラと横たわっているようで、それを素直に撮った僕の写真を見た詩人の高橋順子さんは、
本の前書きで
「久保雅督さんの写真は、神秘とエロスの沙漠への、そしてそこに生きる勁くてけなげな植物への賛歌です」と書かれれしまった。
そして僕の知る多くの人が、「沙漠の木」を見て、エロスの世界と受け止めてしまったのである(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます