discover essei phone photo

スマホカメラで愉しむ 蘭の花 ドラクラギガス 猿の顔

投稿日:

ドラクラ・ギガス(蘭科の花)

神代植物園の温室 蘭の部屋にあるんだけど、
小さな花なの
上からつるされた木の植木鉢からヒューと出て
下を向いて咲いているの
だから、
撮ろうと思うと、
上を向き
腰をグーと落して、
息を止め…
狙いを定め拡大して、
目の所にピントが来るように
ポンとそこを指で押して

1枚では不安だから
もう一枚
もう一枚と
3枚切ったのだけど、
まともなのはこれ一枚だけだった…’笑い)
ああ疲れた…
本気で撮ると 写真撮るのも根性がいるよ…(笑い)

ドラクラ・ギガス
調べてみると
ラン科の多年草で
愛好家の間では、
花芯のところがサルの顔に似ていることから
「モンキー・オーキッド」(サルの顔)
と呼ばれ ているらしい。
そうだな、
パットみた感じ
ボルネオの密林で見た
ロングノーズという種類のサルを彷彿させたたのだった。

しかし、
サルの顔と言われているのだけれど、
実際には
サルの顔に見えるのは少ないの…

これまでにも何回もこの花
撮っているのだけれど、
まともに
それらしく見えたのは今回が初めて
ウンと
納得できるものにするまでには根性がいるのハハハ…
ついでだから大きさを書くと
Ⅰcm位…
それをクローズアップで…
だから
ピントを合わせるのが大変なの…

ところが、
昨日スマホを買って
カメラのアプリを探していたら
何とマニュアルで採れるアプリがあって、
驚いたよ
早速入れた
まだ使ってはないのだけれど…
かなり期待ができそう

エッ
マニュアルになぜそんなに拘るのかって、

そりゃ、
写すべきものが、
自分の意志で調節できれば
全然違うもの…
感度(ISO)
1600まであったと思った
1600あれば動くものも撮れるし、
暗くても大丈夫だし
スピードはシャッタースピード優先だけど2000分のⅠ位までは切れると思った
フォーカス(ピント)はオートフォーカスが使えるので、
それはそのままにして、
確かフィルター効果もあったと思ったので、
OHと思ってすぐに入れたの
これだけのセットができれば
一眼レフと一緒だもの…
とはいえ、
大口径のレンズに比べればそれはなんだけど…ね
スマホでここまでいけば最高…
神の贈り物かと思ったよ…(笑い)
これでまた
写真を撮る楽しみができたよ
スマホ楽しい…
本当に楽しい…(笑い)
「コイツアー 正月から縁起がいい」
なんてね…
今日も愉し
明日も愉し
今日から仕事
二日行けばまた休みだから…(笑い)
「明日の予定は」
「明日〇〇に行ってください」
「何すんの」
「…」
「了解」
中身を変えれば
撮影依頼
取材の指示を受けてるのと一緒
それもまた愉しい…

 

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お米が命を繋ぐ時 もう古い写真なんだけど貴重な写真だか時々 おそらく誰も撮ってない写真と思う

この写真が撮れるのは8月の丁度今頃
しかも時間は
晴れた日の午前9時から⒒時の2時間だけなの
照りつける太陽の中で、
田んぼから上がってくる熱気で汗をぬぐいながら観察していると
いろんな方向から雄しべが雌しべのある方向を目指して迫ってくるの
そうしたら雌しべがスーと籾の扉を開けて…
そしてそれが終ると、
スーッと籾の扉を閉じてしまうの。
今頃の時期
夕暮れ田んぼにいくと、
白い花が風になびいているように見えるのだけれど、
あれは
「兵者共の夢の後」なのである。
この写真を使った
「お米の花の神秘」
電子書籍にはしているのだけれど、
あらたにできるようになったペーパーバックにしようとすると
写真が少なくて柄が出ないの…
ペーパーバックにするには100ページは必要だから…
だけど、
もう一回写真を撮りなおして(撮り足して)という根性はないから時々
こうして忘れないようにしているんだけれど、

スマホカメラで撮影、印象的冬の光り、楽しいねぇスマホカメラ 

ある女性アーチストのポートフォリオを作っているのだけれど、
先日、スマホで撮影したポートレートをA3二つ折りの左側にポンと置いて右のページに、仕事に対する思いとトラックレコードをエッセイ風にまとめてイラストレーターで作り、それをPDFにして、セブンイレブンのコピー機でプリントしたところ、写真が、
「本当にこれスマホで撮ったの」と思う程、美しいプリントが出来て驚いてしまった。

まがい物料理を愉しむ 今日はウナギまがい丼 僕はこれで十分

そりゃ
高給なうな重と比べればだけど、
全然遜色ないよ…
普段は僕はこれで十分だよ
入れ物に貼ってあった説明を読むと
「うなぎのかば焼き風蒲鉾」
「うなっち」
お弁当やおにぎりにいいらしい
スッカリ気に入った
それにしても
上手いこと作るよねぇ

スマホカメラを愉しむ 燃える紅葉 

耳に心地の良い言葉のリズム
調べていると 
「耳に心地良い言葉のリズム」という小見出しで
すべてを平仮名にして
いのちみじかし こいせよおとめ あかきくちびる あせぬまに 
7文字 7文字 7文字 5文字 」
この組み立ては都都逸と同じ法則なんだ
そうか都都逸か
僕 都都逸好きなの
「さくら(櫻)という字を 分析すれば にかい(貝貝)のおんな(女)が  き(木)にかかる」
いいよねぇ…
粋だよねぇ…(笑い)
三味線か何かで節をつけてやったらいいよねぇ、お酒をのみながら…

バンという名の水鳥 嘴が黄色なのが特徴とか

バンは「番」に「鳥」で「鷭」と書く
野鳥の一種で、
クイナ科の鳥らしい。
クイナは「水鶏」と書く。
英名で「Common Moorhen」
moorhenは沢地や荒地を指す
つまり、
沢地や荒地にすむ鶏という意味で、
別名を「waterhen」(水鶏)というのだとか
英名がついているということは、
イギリスの鳥なんだろうか…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます