discover essei photo

望遠レンズを愉しむ 色いろな彩どりを愉しむ春絵巻

投稿日:

ウン こんな感じ

そう 狙っていたイメージ…
しかし、
思い通りにはなかなか撮らしてくれないねぇ…

一枚で完璧を目指す必要はないし…

いろんな角度からの写真でアンソロジーにすればいいのだから…
それが本の面白さだものね…
それにしても
モノトーンの世界からいきなりパステル調の色が
あっちこっちから湧き起こり…
それらの色が重なりあい溶け合ってつくり出すファンタジックな世界
ウキウキして来るよね…

生命(いのち)のハーモニー…

ただ美しいだけではないんだよねぇ…
この命の輝きをどう表現するかだよね…
そんなことを思っていたら
とんでもない処からヒントがきたの

説明すると、
英会話
諦めて中断していたのだが、
ちょっと面白いのがあって、
4日程前からまた始めたのだけれど
(無料の童画で)
そうしたら
英語
長文を喋っているよに思うけれど、
あれは長文ではばくて
短いフレーずをつないでいるだけ
そこに気がつけば英会話は決し難しくないと…

これを聞いて
そうか、
そうなんだ…
別に展覧会に出すわけではないし…
そうしたら力作を狙わなくても
コレクションして
編集の力でアンソロジーにすれば
それでいいんだという風に思ったの…
そう
一枚で全てを言うのではなく
連続して見せることによって、
ひとつの世界をつくりあげる

それが楽しいと
思ったのである…
あれ、
なんていう映画だったかなぁ
映画
黒澤明監督の晩年の作品
タイトルは忘れたが
美しい日本の四季を描いた映像が記憶にあるのだけれど
写真で
アンソロジーにして
ああいうのやりたいなぁと実は密かに思っておたの…
しかし
ただ風景や花を撮るだけでは面白くないから
よし色の溶け合いを狙ってみようと…
そんなことを考えてやっているのだけれど…
できてもできなくても楽しいよね…
そういう写真と
575あるいは短いコピーとコラボさせるの
そして美しさを意識して…
こういう風に考えなければ
最近はなかなか腰があがらなうなって来たの(笑い)
でも
そうやって自分を励ましながら撮影に行くのがまた楽しいのである。

話変わって昨日のワインパーティー

ある一人の男性
入ってくるなり
「春ですなぁ」
そう言ったかと思うといきなり
「春は名のみの風の寒さや 谷の鶯 歌は思えど…」と
それがあまりのも素晴らしい声だったので
「凄いですねぇ」
そういったら
当たり前よ
この人
「カンツオーネの歌手で映画にも何本も出ている凄い人なの」
と横で90歳の美人先生が…
「だって今日 僕初めて会うんだもの」
「エッそうだったけ…」
で、
いきなりノート持っていって、
サインをしてもらうと
青木純とローマジのくずしで見事なサインを

とっても気さくな人で
その瞬間からもうスッカリ友達
なんで歌を始めたのとか
プロになったそのプロセスなどを…
昔の取材者根性で…
そして今度、
ギターを弾きながらの舞台を写真撮らせてもらうことになったのだけれど、
自身もカメラには自信をもっているので
こりゃ大変だと…(笑い)
でも、
やっぱりこういう出会いでないと、
肩の力抜けないしね…
でも
面白いねぇ人生は
偶然とはいえ
とんでもない人たちと僕はつきあってるんだ…
本当に本当に…
人生
どこでなにがあるかわからないね…
今日も愉し
明日も愉し…
こういう人たちの写真を撮るのもまた楽しだよね…

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ ホーとつい 冬ならではの風景と 視点を変えれば新しい世界が…

「ケイドだったらどうするか」といつも
ケイドというのは
「カメラマンケイド」という小説の主人公で
とても変わり者なんだけど、
難物の取材を
知恵と勇気で次々とこなしていくフリーのカメラマンなの…
何度も何度もこの本を読んでね…
おかげで性格までゆがめられてしまった…(笑い)
でも、これ
何かをするためには極めて重要であり、
効果的方法と僕はい今でも、
そう思っているのである…

久し振りの人物撮影 表情を追うのは本当に愉しい ライブの会場で

イベントも良かったが その後がまた楽しくて
イベントが終わってからのちょっとの時間
 創作、表現談義に花が咲
そうしたら
「暇」という本
(雑誌 いやこれは雑誌ではない なんていうんだろう…やっぱり本かな…)
を作っている杉本さんが参加して一気に話が盛り上がったの
杉本健太郎さんが
ツイターで出している写真
明かにコンテンポラリーだし、
中路さんの絵
花をフトショップで加工して柔らかい色彩を重ね合わせてファンタジックな世界を作りだしているのだけれど、
ツイターで発表していたら
ポーランドの国際美術展の主催者の一人が目に止めて
なんと なんと なんと
「ポーランド 私の町のショーケース」
という展示会に出品することになったのである。

中路さんは元々画家
その感性がフとしたことで
舞台などで貰う花の写真を撮っていたのが、
そういう方向に変化してきたらしい…

それにしても面白いね、波動は合っているが、
それぞれがいいたいことをいってるのに
不思議と
どこかで統制されていて、
時々
そう
 そうなんだよと相槌をうちあったりして楽しいセッションに…

リッツクラッカーでバニラアイスクリームを掬って食べる、美味しい

OH懐かしいリッツクラッカー
阿佐ヶ谷をブラブラしていて見つけたの。
バニラアイスクリームをこれで掬って食べるの。
アイスクリームは意図したものではないが、
写真を撮り早速…
うん、美味しい…

コンデジ、望遠領域で撮影、財布に入れて嬉しいカラスウリの種

このカラスウリ、東伏見の住宅街を歩いていて見つけたの
で、
「これ なかなか見ることができないんだよね…」
「そう言って写真撮ったの」
しかし、
俄か写真教室で、
「写真なんてねぇ」
と言った後の撮影は、
本当は辛いの
「なんで…」
「だって、偉そうなこと言った後だもの…」
「モニターー見て 何だ…という写真では恰好つかないでしょう(笑い」
「だから とても緊張するの…」

写真を愉しむ 一般的にはユリの木の花でも僕は勝手にアラジンの魔法のランプと…

可愛いよねこの花
季節ごとに形を変えて楽しませてくれるの、
花の可愛さ
ドライフラワーの魅力、
秋は黄葉
冬は花の芯が青空にパターンを描いて楽しませてくれるの
原産は、アパラチア山脈(アメリカ中東部)らしい
日本に来たのは明治時代とか

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます