discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ アザミなの イエ キツネです エッとつい

投稿日:

これアザミですよねぇ

これはアザミに似てるけどアザミではないんです
確かキツネアザミだったと…
へー
キツネアザミ
そう聞き返すと
アザミは葉っぱがトゲトゲしてるんだけど、
これは葉っぱにトゲがないでしょう…
なる程、
そういうことかぁ…

スマホカメラいいねぇ

写真を撮りながら
そう言って
誰にでも気軽に声がかけられるのだから…
で、
インスタグラムとか見せ合ったりしてね
お互いフホローしあってね…(笑い)
でも、
これも散歩の楽しみの一つなんだよね…
だって
僕のインスタグラムなんか、
放っておいたら誰も見てくれないから、
体を張ってフォローしてくれる人増やさなければ…
なのだ(笑い)

不思議なのは、少ない投稿で
沢山のフォローワーを持っている人がいること

僕なんか
増えてると思っていたら
いつの間にかスーと消えて
元の木阿弥…(笑い)
別に気にすることはないんだけれど
やっぱりねぇ…
なんだ
気にしてんじゃないか…
まぁ
そりゃねぇ…
でもマァー
600人程度なんだから、
なんの影響もないし…
それにしても
どうやったら…
少しの投稿で、
どうやってるのかねぇ…
僕にはさっぱり分からない

それよりもNOTE

今日で400日と十数日
毎日欠かさず投稿してるんだけれど、
今日から入院で、
その間も出し続ける為には、
写真だけでもデータにしておかなければ…
そう思って
今やってるんだけれど、
今日アップするもの
明日のデーター
明後日のデーター

2泊3日分を用意して
予備のデータをとやっているともう大変
でも
やり続けていることだからやらなければならないのだ…(笑い)

でも、
こういうのをやっているお陰で
ビジネスチャンスにも遭遇するから楽しい

アッこれはいい、これやって見よう

今やりかけているのは
印税収入を得るというもの
昨日
無料のセミナーーを受けて、
ああ、そうかと目から鱗の発見を
で、
概念を換える、(パラダイムシフト)
それがいかに大切かということを教えられたの、

いきなりそう言っても 分からないよぇね…
つまり僕も今まで本づくりをやってきたから
自分流の考えかたというのがあるの
ひと事で言えば概念
自分の作りたい本というのがある
ところが話を聞くと
好きなものそれ
それとこれとは別なんです…
曰く
好きなものは拘りをもってつくる
でも本はたいして売れないので、
ページを読んでもらって
それをお金にするんです…
そこにはノウハウがある
のだけれど、
それを教えますと…
で、
話を聞いたのだが、
なる程と…
で、
俄然興味を持って
期待に胸を膨らませているのだけれど
もしかしたら
長年模索していた
「病院のベッドの上にいても稼げる方法」
それがこれかもと期待しているのである
それにしても
明日入院
(検査入院だけど)
という日になって、
そういう話を聞くなんて…ねぇ
もしかしたらこれも
シンクロニシティー
なんか最近
とてもいい波動を感じているのは気のせいだろうか…
今日も愉し
明日も愉し
入院
1泊2日の旅行気分で休養に…
これもまた楽しからずやなのである

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

富山の名品、富山湾の宝石と呼ばれる「シロエビ」の蒲鉾など3種類、凄い

富山の名品、冨山湾の宝石と呼ばれる「白エビ」など3種類入った「棒ず」というギフトが送られてきた
そしてメールに
「お正月楽しんでください」と。
嬉しいねぇ、
友達が地方(故郷)に帰ったのは寂しかったけど、
こうして地方の名品が送られてくると、
元気してるんだな━という安堵感と、
故郷ならではの味、香りが届く楽しみができて、それはそれでよかったなと(笑い)

なんか変 やっぱり見慣れた風景が望ましい

見慣れた雰囲気というのが無難
そのように思っているから
このケチャップのボトルには違和感を感じるのである。
もしかしたら
使う人の立場になって
冷蔵庫に格納するのに、
読みやすくしていた方がいい…
そういう配慮があってのことなのかも知れないけれど、
「いらないお節介」と
僕は思ってしまったのである(僕個人としってはだけど)
しかし しかし しかし
考え方だから
「アイディアだよね 助かったわ」という人もいるかもしれないので、なんとも言えないけれどね…

萌える緑 なんとなくそんな雰囲気なんだけど そんな言葉(表現)あるのかなぁ

「萌える」
元々、植物が芽を出すという意味で
草花や木などが芽吹くことを指すのだそう。
「日常会話ではあまり使われず、
小説や詩歌、
時候の挨拶などに用いられる文語です」と。
これもハッキリとは分らないが
「萌える緑」
いいのではないの
なんとなく…
そんなイメージの写真
僕はそのように思ったのだけど
どうだろうか

望遠レンズを愉しむ 春色のその溶け合いが美しい 僕流写真の楽しみ方

生き方だって
表現だって
自分がいいと思ったものが楽しめれば
それが一番だよね…
でも、
こういう
色を楽しむ写真集というのもありだょね…
ハハハ…
こんなことを考えていると
なんか芸術家になった気分…
こういう遊びができる僕は本当に幸せ
カメラやってて良かったとつくづく思うのである

スマホカメラで楽しむ「茶とあん」もうひとつの顔 絵と詩と音楽と朗読とで素敵な宇宙空間を

日常の空間を一瞬にして非日常の空間に変え
あっという間に創り出すアナザーワールド…
表現
芸術
音楽

朗読
いいねぇ…
イベント本当に楽しい…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます