discover essei phone photo

スマホカメラを愉しむ 昨日は新宿3丁目大庵の蕎麦懐石で

投稿日:

新宿大庵の蕎麦懐石

大失敗
撮ったはずなのに一枚写真がないの、
一番最初に出てきたアワビと、肝の和え物
ちょっと苦みがあって美味しいの…

いったいどこに行ったのかねぇ…

「おいそれでもプロ…なんて言われそう」

おまけに最後のデザート、
ガラスの器に盛られたあんみつだったんだけど、
写りがよくなくて…、
仕事だったら大事だな…

楽しい仲間とお喋りを楽しみ、お酒を愉しみ
(僕は今ちょっとお酒飲めないんだけど)
料理を愉しむ

本当に素敵
もうみんな、食べるので夢中で…
「アッ写真」なんていいながら
チラっと僕の方をみて
「久保ちゃんが撮ってるからいいか…」
なんてね…
それを2点もはずしちゃってハハハ
(笑いごとじゃないよね)

この会は90歳の美人俳句の先生
若い頃公的立場でローマに長いこと住んでいて、
凄い人脈なの
その人たちが毎月1回集まって
ワインを愉しみ
料理を愉しんでいるのだが、
ある時は合気道の達人が来たり、
先日は
歌声の素晴らしい男性がいたので、
「いい声ですねぇ」といったら、
「あなたこの人カンツオーネで有名な歌手なの。イタリアから表彰されてるし、映画舞フェアレディーにも出てるの」と
そうなると僕も、
一応はジャーナリスト、
興味が次々に湧いて…
 でも、みんなとっても気さくで、とっても素敵な会なの
昨日は画家で絵本作家の
「あんまゆきこ」さんの横にいたから、
制作についてのいろんな話を…
ついでに、
僕のよく行く
「茶とアン」(阿佐ヶ谷の和カフェ)
に、
葉書きでいいから展示してといったら、
「いいですよ」と快く
でも今はスケジュールいっぱいで、
7月以降にと…
気軽にこんな話できるのも、
こういう会ならではだよね…
現役は退いても、
人への興味は依然つきない…
ブログもあるしね…
それにしても、
なんで僕がそこに呼ばれているのか、
よく分らないのだけれど、
光栄…、
そう思って毎回参加しているのである
今日も愉し
明日も愉し
大庵そば懐石
新宿駅のすぐ近くに、
こんな素晴らしい店があるなんて初めて知った。
もっとも、
知ってても、
なかなかこれないけどね…(笑い)

 

-discover, essei, phone, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ ベランダに藤の花 現代版根岸の里のわび住まいなんてね

亀戸天神の藤もいいよね、太鼓橋と浮世絵のアングルで…
今日は休日、行ってみるかな

藤井風(ミュージシャン)凄いんだってねぇ、岡山なんだってねぇ

二人の女性、藤井君にもう、無我夢中
へー、そりゃ凄い。
そういうと、
「恰好いいのよ藤井風君、イケメンで身長は180位あるのかなぁ、ピアノがうまくて、詩がよくて、歌がとってもいいの、で、詩にも喋りも岡山弁丸出しで、ワシャーノー、なんていう言葉もどんどん出てくるんだけれど、リズムがいいし、歌がいいし、曲がいいからうまく溶け込んで、とにかく恰好いいのよ…」
熱弁で、二人の女性にまくしたてられ、ユーチューブを見せられ、ボリュームを上げて聞かされると、見ないわけにはいかないよねぇ(笑い)

スマホで撮影白椿、夏に咲く白い椿は沙羅双樹とも呼ばれるが

花も調べてみると、いろいろあるねぇ…
白椿、凛として襟を正している、そんな花の姿がいいねぇ…
僕は猫背で姿勢が悪いから、よけいにそう感じるのかも知れない…
それにしてもスマホ楽しいね、
「おじさんこの花、キレイだねぇ、写真撮っていい」
そう声をかけるだけで、誰とでも気軽にしゃべれる(笑い)
いつもはただお金のやりとりをするだけの不愛想なおじさんなのに、
そうやって写真を撮っていると、ニコヤカな笑顔で迎えてくれるようになった。
スマホカメラ、コミュニケーションツールとしても重宝している(笑い)

スマホカメラを愉しむ 昨日の仕事の場所、仕事はいろんなところに行かせてくれる、それが楽しい 

この水車
 江戸時代から、あるらしい…
残しておきたい日本の風景だよね…
こういう仕事場なら、すすんでいきたいよね…(笑い)
管理人のお姉さん
「ここには翡翠もくるのよ」
そういってスマホで撮った写真を見せてくれた
カメラがあればどこへ行っても愉しい

スマホカメラを愉しむ 多分オオチャバナセセリ 珍しんだってね

かつてはひねくれて
ローンウルフを気取っていたが、
齢をとると、
誰かといるのが、とても心地いいのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます