discover essei photo

思いつき料理を愉しむ オニオングラタンスープをつくるつもりが でも 美味しかった

投稿日:

オニオングラタンスープ食べたいな

フッとそんな衝動が来て
ヨシと頑張ったんだけど、
最後オーブンで焼くの面倒になって…ハハハ
でもこれは美味しかった…(笑い)

集めた材料

玉ねぎ
ベーコン
ニンニク

とろけるチーズ
パルメチザンチーズ

作り方

玉ねぎをスライスして
バターで炒め

コショウ
をして
適当なところで水を入れ
本出汁を1本
固形コンソメを数個
これで煮詰め
そこに
とろけるチーズを数枚
本来はここでオーブンに入れて焼くのだと思うんだけど
それはハショッて
墨の絵のパンを焼いて
その上にスープをかけ
さらにパルメチザンチーズをバサバサっと
想像していたものとは異質なものになったけれど
これはこれで美味しかったよ
別に形なんかどうだっていいよね
美味しければ…(笑い)

写真を撮りながら思った

パセリ買っておくべきだったと…(笑い)
本当は野菜嫌いなのに
パセリとか
 セロリは好きなんだよね…

そして食べながら思った

これにはゴルゴンゾーラがよく合うと
そしてさらに思ったのが、
これだったら
ニッシンのブッコみ飯
(チキンラーメンの味で作ったインスタント食品)
をベースにして
そこに炒めた玉ねぎを入れ、
コンソメで味を調整すればいけるかもと…
うん
ヨシ
今度はそれでやってみようと
そうだよね
料理なんて、
自分の思いつきで
思うようにやって美味しければ
それでいいんだものね…
そう言えば 
つい先日聞いたんだけど
阿佐ヶ谷に生姜ラーメンを食べさせる店ができて
人気になっているのだとか…
一度食べてみたいね…
今日も愉し
明日も愉し
思いつきを作って食べて…
(気が向いた時だけだけど)
料理って本当に楽しい…
まさにまさにまさに
クリエイティブの楽しさだね…(笑い)
写真撮って
雑文書いて
料理作って
やりたい放題だもの
そりゃ楽しいよね…(笑い)

 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベンチ スッカリ僕の友達、ここに来れば、なぜか心が落ち着くのである

ベンチ、ここに来れば、なんとなく、ホッとする
光の中に、ヒンヤリと冷たい風、空気を感じる今頃の季節になると、
「熱いコーヒーの似合う季節になった。窓越しに外の景色が見える喫茶店の椅子に座って、ボンヤリと外を眺める時間が多くなった。赤いワンピースの素敵な女性…お洒落なブルゾンの素敵な人…
あら、そのワンちゃん可愛いね、二子なの。
お気に入りのファイロファックスに、太字のボールペンで、そんなことを走り書きしている…
そんな時間が僕は好きなのである」
しかし今は、そういう喫茶店は少なくなってしまったので、今は公園にきてベンチに座って、こうして人の流れを流れを眺めているのだが、楽しいねぇ…
 作為のない映画…
ストーリーは想像でいくらでもつくれる」

こんなメモ書きがあっちこっちにある。

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマはドラゴンフルーツの子供たち

調べて見ると
海外では「ピタヤボウル」という名前でセレブたちに人気らしい、
ドラゴンフルーツ
英語でpitaya
漢字では「火龍果」と書くらしい。
ピタやとはサボテンの総称らしい。
そう言えば葉っぱ 
なんとなくトゲトゲしていたな。

食べ方
冷やしてポーンと切って、
スプーンで掬って食べるのがいいらしい
栄養価が高く
スーパーフードと言われるヘルシー食材とか
ああ
だから海外セレブに人気なんだ

菊なんだけど、名前、分らない 

着物だけはねぇ、日本人女性でないとやっぱり着られないんだよねぇ…
僕が知る限りでは、着物を着るためには身体からつくり上げていかなければ着こなしているという感じにはならないんだよねぇ…
だから、着物は一朝一夕では着られないと僕は思っているのである。アッ、そう言ってしまうと強引だね…訂正
着るだけなら誰でもきれる。
そうだよね、自分がいいと思えばそれでいいんだからね(笑い)
でも、溶け合って、着こなしているという意味で「着る」と僕はいっているのだけれど、
そういう意味で、身体から作って着物を着こなしている人は少ないと僕は言っているのだけれどね…

カブト虫 見るからに精悍 ウイ・ウイル・ロック・ユー そんな曲が聞こえてきそう

夏休み 
竹竿の先に、
ハエ捕り紙(ネットリとした糊みたのがついた長い紙)を巻き付けて
それでセミを捕るの、
竹竿持って、
高い所にいるセミを捕ろうとすると、
「チャッ」と鳴いて、
オシッコして飛んで行くの、
よく顔にかけられたよ…(笑い)
だってそんな遊びしかなかったんだから…

月の写真撮るの、本当に難しい。だって、月だけポンととっても、面白くもなんともないもの

月、赤から黄色、どんどん色を変えながら、アッと言う間に上がってしまうの、だから撮影は、とても忙しいの
そう、出始めの月は大きいが、
上がってしまうと小さくなってしまうから、
写真にすると、本当に小さいので、望遠レンズで寄せるのだが、風景写真では、月はポイントではあるが、所詮は添え物。
だから、「ここなら」という場所で撮らなければ駄目なので大変なのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます