discover essei photo

写真を愉しむ 私もう蕩けそう…古い写真なんだけど… 

投稿日:

古い写真だけど

昨日、外付けハードディスクを触っていたら出てきたの…
いつ見ても何度みてもいい…(笑い)
好きだなこの写真…
だって
幸せいっぱいだもの…
ちょっとマイク向けてみるか
「今どんな気持ち…」
「見ての通りよ」
「そうか…目が蕩けちゃってる…」
「心も体も…」
「もう離れられない…」
「ダメダメ…絶対だめ…」
「そうか、君たちを見ていると、僕も嬉しくなっちゃったよ、
 ありがとう…」
「おじさんも、いい人できるといいね…」
「そうだねハハハ…ありがとう」
「寒いねと言ったら寒いねと応えてくれる人のいる暖かさ…」
どこかで聞いたフレーズ…

何もいらない…
ただ一緒にいられたらいい…

いいね青春…
輝いてまぶしい…
最近

中野駅北口からブロードウエイに向かった商店街がお気に入りで…
ここの地下商店街とっても面白いの
今はもうないけれど、
昔の香港の九龍城みたい…

洗剤、トイレブラシ…キッチン廻りの小物…
どこで何を買っていいのか分からないから、
ブロードウエイに住んでいる友達を呼び出して
KAMUKURAでおいしいラーメンを食べた後、
100円ショップに連れて行ってもらったの、
まな板は、
「木のまな板だけど使ってないのがあるから」
そう言って
大きな袋に入れて持ってきてくれたから助かった。
だって、
トイレブラシ見えると恰好悪いもの…

喫茶店は僕にとって、なくてはならないオアシス

この商店街の中程の2階にある レトロな広い喫茶店
ここの雰囲気が好きで、
ここでボートしていると、
とても気持ちがいいの…
そう 
時々思いついたフレーズをポメラに打ち込みながら…
やっぱり、
ところどころに、
自分のお気に入りの空間、
くつろげる空間があるといいよね、
沙漠のオアシスみたいで…
今日も愉し
明日も愉し

必然的に文化文明から離れた暮らし、それが楽しい

住まいの近くにコインランドリーはないし、
洗濯機もまだ買ってないので、
どうしようと思っていたら、
湯舟で足ふみ選択をすればいいのよ…
と教えられ
教えてもらった通り、
お湯をほとんど捨てたところに洗濯物を入れ、
洗剤をかけて足でクチャクチャと、
そして最後
シャワーをかけながらクチャクチャやって、
洗剤を洗い流せば完成
量が少なければ楽でいい…
絞った洗濯物は、
雫が消えるまでお風呂場に干し、
少し乾いたら、
エアコンの風がよく当たるところに、
ライトスタンドで作った簡易物干をつくり、
ハンガーにかけてぶら下げるの…
一人暮らしだし、
誰が来るわけでもないので、なんでも自由…
ついには洗濯まで遊びになってしまったのである
一人の生活は気楽でいい…
掃除はホウキ、洗濯は足ふみ…
文化、文明から離れたものだが、それが楽しい…

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ 昨日友達の娘さっがしてくれたおもてなし

こんなおもてなしうけたら、感動、感激だよね…

飯テロ、面白い言葉つくるよね、でもこれ本当に美味しいんだから

オニオングラタンスープ、確かに衝撃的だった
しかし、しかししかし、「チキンラーメンのぶっこみ飯」も、僕にとっては衝撃的食べ物で、食べた瞬間に、
「これにゴルゴンゾーラを入れたらさらに美味しくなる」と直感したの。
で、やってみたらまさに、まさにで、その時、たまたま広島菜の漬物があったから、小さく刻んでトッピングしたら、これがまた抜群で、お腹をもうちょっと満たすためにお餅を入れたら、究極になって、それをブログに書いたら、友達の女性ライターがそれを見て『あれ、毎日食べてます』なんてメールが来たりして…」
よく行く喫茶店で顔なじみの人に、そんな話をしてたら
「それはまさに飯テロ」と、しかしおの言葉、僕はそれを知らなかったので
「ダイエットしたりいている人に食欲をそそるようなことを言うこと」と、

写真を愉しむ 風吹いてコスモスの花楽しそう

思い出のなかを旅するというのも、とてもたのしい…
喫茶店でコーヒーを飲みながら…
いいね秋…
んんとなくセンチなほろ苦き青春の思い出

ペリステリア・エリタ、パナマの国花らしいのだそうだが、珍しいんだってね、この花

この花、稀にしか見ることができない貴重な花なんだってね。
パナマの国花で、愛称を「鳩の蘭」というのだそう。

貴重とはどういうことかと、調べて見ると
「絶滅の恐れがあるとして、ワシントン条約で、商業目的の取引は禁止されている植物」と。
そして、開花する大きさまで育つのに、10年かかるらしい。
なる程、これは貴重だ。

ところで、愛称をなぜ「鳩の蘭」と呼ばれるのか…
調べてみると、
花芯、花の中央が、鳩のように見えるからと。
言われてみればそうだよね…
確かに確かに、鳩だよねこれ…
説明を読むと、これは(鳩に見えるのは、雄蕊と雌しべが合体した様子)とか、稀にしか見られないらしい。
ウーン、これは貴重だ。
ということは、その写真が撮れた(遭遇した)ということは、ラッキーだったということだね…凄い。

望遠レンズを愉しむ 山裾に白き木蓮燃え盛り 

仙人の月スケジュール
早起きをして
週に何日かを日銭稼ぎに行き、
散歩して写真をとり、
月に一回俳句の会に行き、
素敵なお姉さんたちと、
お茶を愉しみ
食事を愉しみ
お喋りを楽しみ、
月に一回
ワインと食事とお喋りを楽しむ肩書を外したパーティーに行き
時間があれば
「茶とあん」
に行って
「お茶とお喋り」を愉しみ
そんなことをしていると、
やりたくてもやれないものも結構あるんだけど
それもまた楽しだよね…
仙人の生活本当に楽しい…
そういう意味では
僕にとって今が人生の華なのかもね…(笑い)
まだまだ元気
遊び時間はたっぷりある…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます