コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

気が付いたら、こんな写真を撮っていた。若い頃のコンテンポラリーを思い出す

投稿日:

ふっと思い出したコンテンポラリフォトグラフィー

考えてはダメ、ハッと思った瞬間にはもうシャッターを切っている。
ノーファインダーで、感じるままに…
「今、まさに、その時」を撮る。
コンテンポラリーフォトグラフィーというのだけれど、こういう写真ばかり撮っていた時期があった。
写真を見て、その頃を思い出した。
やっぱり好きだな、こういう写真、今でも…
なぜなら、それが僕の写真の原点だから。

再びカメラマンとして始動することにした

もう、カメラマンは卒業、そう思っていたのだが、
再びカメラマンとしてデビューすることにした。
「エッ どういうこと」
簡単に説明すると、
フェイスブックで遊んでいて、「出張カメラマンの募集」というのが目に飛び込んできて、資料を請求して読んでいたら、ネットのショップに店舗を出して、撮って欲しいと思う人は、「この人」というカメラマンんを探し、撮影を依頼するというもの。
そう、だから、そういうカテゴリーの中にいれてもらって、依頼があれば、撮るということを始めたの。

審査、高齢だし、ちょっと心配したけれど

もちろん登録するためには審査があるのだが、月に1本か2本でも仕事になればいいかな━そう思って応募していたのだが、昨日夜連絡がきて、どうやら、合格したらしい。
高齢だし、しばらく仕事としては撮ってなかったから、どうかなと思っていたのだけれど、

何はともあれ合格の知らせは、やっぱり嬉しい。

ということで、再びカメラマンとして始動することにしたのである。
でもでも、オファーが来て、出来る出来ないも含め、交渉してして仕事となるわけだから、もっかのところは、ステージに上がったというだけで、実際に僕のところに仕事が来るかどうかは分からないのだけれど、売り出しの文章など、すべてサイトがやってくれるというので、やっておく価値はある━と思ったのである。

作品を作るのは簡単だが売るのは難しい。それと同じく
カメラ、スキルを身につけることは、そんなに難しいことではない。
しかし、集客というのはとても難しいのだ

ネットというのは、そういう意味では、凄いと思う。
僕がフリーになったころは、毎日、親しい先輩の会社に行き、
その人にくっついて、名刺を配って歩いて…
まさにまさに、落穂ひろい、そのようにして仕事をしてきたのだった。
それを思うと、本当に凄い社会になった━と、つくづく思うのである。
で、思ったのが、
そういうウエイブ(波)があるのならば、乗らなくては…だったというわけ(軽いよね、歳も考えずに 笑い)

仕事になるならないは別にして、そういうステージに上がれたというだけで、今、僕の心はとてもウキウキしているのである。
今日もよろし、明日もよろし、ご機嫌よう

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若い男女が手をつないで歩く姿につい見とれて

目次俺も、これ やりたい若さって、本当にいいよね 手を繋ぐ、やっぱりみんな、難しいんだ私はいつも待っていたのに公園でみかけた素敵な夫婦奥さん 暮れなずむ空を見ながら何を思っていたのだろうか昔、見た外国 …

カワセミ、漢字で書くと翡翠、しかしこれヒスイとしか読めない、なんでこう書く

目次カワセミ、翡翠 なぜ石の翡翠(ヒスイ)は、鳥の翡翠を転用したらしい。ヒスイの思い出売る時は、色石は…なのである カワセミ、翡翠 なぜ 調べて見ると、「翡」は赤色、「翠」は緑色、 もえぎ色を意味し、 …

オオムラサキ、日本の国蝶、理由は発見したのが、日本が最初だったから

目次発見されたのが日本だったということで、日本の国蝶に。発表する場があるということは、それだけで楽しいことなんだよね働きながら、自由を愉しむ環境に居られることの幸せ 夏の一時期しか見られない蝶々なのだ …

結露でできたソフトフォーカス

目次フォンワカしてなんとなくいいよね、ソフトフォーカスこの写真は、結露がつくりだしたソフトフォーカスなの。思いついたことはなんでもやる。そういうのを教えてくれたのは僕の先輩。 フォンワカしてなんとなく …

コロナ解除 公園もオープン 桜は満開 やっぱり公園いいよね 早速行ってみた

目次久々 公園に行ったら、桜 満開年間パスポート 持っててよかった公園はまさに桜一色見てくれる人がいないと、桜も張りあいがないのかもね70過ぎてのもう勉強、高齢者でも「明日はあるのか」 久々 公園に行 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます