コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

気が付いたら、こんな写真を撮っていた。若い頃のコンテンポラリーを思い出す

投稿日:

ふっと思い出したコンテンポラリフォトグラフィー

考えてはダメ、ハッと思った瞬間にはもうシャッターを切っている。
ノーファインダーで、感じるままに…
「今、まさに、その時」を撮る。
コンテンポラリーフォトグラフィーというのだけれど、こういう写真ばかり撮っていた時期があった。
写真を見て、その頃を思い出した。
やっぱり好きだな、こういう写真、今でも…
なぜなら、それが僕の写真の原点だから。

再びカメラマンとして始動することにした

もう、カメラマンは卒業、そう思っていたのだが、
再びカメラマンとしてデビューすることにした。
「エッ どういうこと」
簡単に説明すると、
フェイスブックで遊んでいて、「出張カメラマンの募集」というのが目に飛び込んできて、資料を請求して読んでいたら、ネットのショップに店舗を出して、撮って欲しいと思う人は、「この人」というカメラマンんを探し、撮影を依頼するというもの。
そう、だから、そういうカテゴリーの中にいれてもらって、依頼があれば、撮るということを始めたの。

審査、高齢だし、ちょっと心配したけれど

もちろん登録するためには審査があるのだが、月に1本か2本でも仕事になればいいかな━そう思って応募していたのだが、昨日夜連絡がきて、どうやら、合格したらしい。
高齢だし、しばらく仕事としては撮ってなかったから、どうかなと思っていたのだけれど、

何はともあれ合格の知らせは、やっぱり嬉しい。

ということで、再びカメラマンとして始動することにしたのである。
でもでも、オファーが来て、出来る出来ないも含め、交渉してして仕事となるわけだから、もっかのところは、ステージに上がったというだけで、実際に僕のところに仕事が来るかどうかは分からないのだけれど、売り出しの文章など、すべてサイトがやってくれるというので、やっておく価値はある━と思ったのである。

作品を作るのは簡単だが売るのは難しい。それと同じく
カメラ、スキルを身につけることは、そんなに難しいことではない。
しかし、集客というのはとても難しいのだ

ネットというのは、そういう意味では、凄いと思う。
僕がフリーになったころは、毎日、親しい先輩の会社に行き、
その人にくっついて、名刺を配って歩いて…
まさにまさに、落穂ひろい、そのようにして仕事をしてきたのだった。
それを思うと、本当に凄い社会になった━と、つくづく思うのである。
で、思ったのが、
そういうウエイブ(波)があるのならば、乗らなくては…だったというわけ(軽いよね、歳も考えずに 笑い)

仕事になるならないは別にして、そういうステージに上がれたというだけで、今、僕の心はとてもウキウキしているのである。
今日もよろし、明日もよろし、ご機嫌よう

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

極めてシンプル だが、赤と黒という配色がそう思わせるのか、何かを感じる

目次究極の美しさとは何か…「赤と黒」この言葉にも惹かれるものがある。高齢になって振り返ると、何にもないね人生の意味なんて 究極の美しさとは 美とは、突き詰めれば、無駄なものを排除して、極めてシンプルに …

美しさとは、白鷺が、それを教えてくれたのだった 

目次美しい写真を撮っていると、本当にいろんなことが学べる。そうか、スキルとは、その瞬間をとらえるための技術。 なんとなく、そんな気がしてきた。でも、こういう訳の分からないメモ、結構好きなんだよね(笑い …

ダリアまるで太陽の化身…

目次あまりにもシンプルであまりにも美しいから、画面にどう収めるのか、処理の仕方に困ってしまったその姿は沙漠でみた太陽の姿だったワッ宝石が浮かんでいる自著の沙漠の木「一粒の砂の中に一つの世界を、そして一 …

歌は楽しい、もはやそれは、古き良き時代の思い出か

目次歌は楽しい いいねぇこの状況は、かつてのインパール作戦と同じ状態インパール作戦は、始めたこと自体がすでに失敗だったもはや、自分の命は自分で守るしかないという状態 歌は楽しい いいねぇ こういうのを …

列車いいね、

目次電車オタクではないけれど、なんとなく、心を惹かれて…線路を眺めていると、列車を眺めていると、まだ見ぬ遠くの世界にさえ繋がって、本当に楽しい。 ワゴンリーの最後のオリエント急行の旅も、忘れ得ぬ貴重な …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます