コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

やっぱり花はいいねぇ、心をとても和ませてくれる

投稿日:

姫芙蓉

この写真、公園がコロナで閉鎖される直前に撮ったものだと思う。
コンピュータの画面上に、名前も付けずに置いてある写真のアイコン(多分、そういうのだと思う、マークの事)があって、「何だろう」と、カチャカチャとやったら、この写真が出てきたので、

写真が底をついているから、
「よし これで」となったの(笑い)

色はいいし、鮮やかだし、爽やかだし…
コーヒーを飲みながら
「さて、この写真で何を書くんだ」
と、思いながら眺めていたら、目が覚めてきて、心がスーとしてきたの…

やっぱり花はいいねぇ、存在そのものがセラピスト

花は人ではないけれど、こういう言葉しか思いつかなかったので、それでいくことにした、
いいね、自分はそう思ったと、書いときゃぁいいんだから(笑い)

やっぱり高齢になると、途中で休みを入れないと結構きつい、
「エッなんのこと」
「アー、日銭稼ぎのこと」
やっぱり、70歳を超えると、体力、相当、落ちてんだね(笑い)

「元気なら、いつまで来てくれてもいいですよ」と言われてはいるが、こちらの体力が問題だよねぇ(笑い)

糖尿病の薬を飲みながらだから、病気のことも考えておかなければいけないしね…
そんなことを思うと、収入の確保というのは極めて重要な問題となってくる。
病気になって入院ということもあるからねぇ…
で思ったのが、
ブログを書いて広告収入を得るという、アドセンスの資格を活かすこと、
その方法は知らないわけではない。
僕のブログでも、何本かは稼いでくれているのがあるので、それをもう一度見直して、
「ベットの上でも稼げる準備はしておかなければ」
という考えが頭に浮かんで、俄かにSEOの勉強を始めたの。
そう、日銭稼ぎで貰っている位は欲しいものね(笑い)
性格的にノンビリしているのか、ギリギリになるまで行動に移さないのは、若い頃も一緒。
でもでも、よく、このアドセンスの資格とっていたなと、自分でも驚いているのである。

直観だけが、僕の誇れる唯一の才能

パラダイムシフトというのだろうか、
コロナ禍で、ビジネスモデルがスッカリ変わって、ネットのビジネスが主流になってきた今、
アドセンスは、マスマス注目されている━そんな記事を見るにつけ、
そういう嗅覚だけは、勝れていたんだなと…
尤も、元パートナーの女性に言わせれば、
「直観しかなかった」と言って笑うけど…
でも、
「活かせばそれがある」というだけで、僕の場合、落ち着けるのである。
「したたかに生きる」
もしかしたら、それが僕の誇れる唯一の才能なのかも知れない(笑い)
日銭稼ぎ、あと一日、
だが土曜日は、僕が書いた「野に遺賢在り」という人物評伝の人の17年の法要があるので動けないが、日曜日には写真を撮りに行かなければと思っているのである。
自遊人といいながら、結構、忙しいのだ(笑い)

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知り合いと雑談していて、「それ企画としていけるんじゃない」と言われたことがヒントで生まれた目的

目次写真を撮りながらしている心の会話心の声、聞こえるんだ…そうか、そういう考え方もあるなぁ狙いはやっぱり広げた羽の美しさだよね翌日も頑張ったが、なかなか難しい 写真を撮りながらしている心の会話 本当の …

こういう秋もあるんだ 地味だけど好きだな、こういう雰囲気

目次地味な風景だが、なんとなく心を惹かれる知り合いに誘われて、ムリムリのお付き合い休みだから、タップリ寝ようと思ったんだけど、習慣って… 地味な風景だが、なんとなく心を惹かれる モミジ(紅葉)のような …

白藤 シロフジ 、花言葉は、決して離れられない。それって良いことなの? 

目次藤は春の花の代表花藤の名所で有名なのは、紫色の藤は、確かに美しいが、 この花(写真の白藤)を見て以来、藤は白がいいと、僕は思い込んでしまっているのだ(笑い) 今も時々歌う「女学生」という歌 &nb …

トラフアナナス パイナップル科の植物らしいが、この写真に僕は鑑真 海を渡るというタイトルをつけることにした

写真はトラファアナナスの花(?)
だが、この写真が何を撮ったものであろうと、「僕にはそう見える」、あるいは「そう感じる」ということでタイトルは着ければいいと思っているから、
「鑑真海を渡る」というタイトルにしたの。

そんな風には見えない?
僕にはそのように見えるの。
遣唐使の時代、小さな船に乗って海を渡るのには、覚悟がいった。
雨、風、海の荒れ…まさに、魔物と戦う大航海。
しかしその大航海は人の裏切りなどもあって、苦難につぐ苦難の連続で、鑑真の船も何度も難破して、計画してから日本に来るまでに10年の歳月を用しているのである。

葉っぱ

目次自然の作るアート自然は最高のミュージアムひっつき虫をヒントにつくられたマジックテープ。なぜ、どうしては子供だけのものではない。大人になってこそ、必要なのだ 自然の作るアート 面白いよね、この模様。 …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます