discover essei idea life photo

スマホカメラを楽しむ、セルフポートレート、Instantoxという無料アプリを使ってみた

投稿日:

Instanntoxといカメラアプリ(無料)

カメラのアプリ、ネットで遊んでいいたら、こんなアプリ(Instanntox)というのが無料であったので、使ってみた。

バルブ撮影と二重露光が出来るらしい

このアプリ普通のカメラとしても使えるんだけど、バルブ撮影(このアプリの場合は60秒までシャッター開けっ放しにできる)ができるのと、二重露光が出来るらしい。
今のところ僕には、どちらの機能も必用ないのだけれど、花火を撮る時、三脚を使って撮ればいいよね。
バルブ撮影は海で船が行きかう光跡などの撮影にも使える

バルブ機能でつくる花火文字が人気とか

ところが、最近、若い女性たち、
「花火文字」とかいうのをこの機能を利用してつくるんだけれど、人気らしい。
面白いね、頭が柔らかいというか、なんでも自分流にアレンジして取り入れる能力は素晴らしいと思う。

二重露光とは

二重露光は本来は、
スマホとスマホの画面を写真にする時などに使う撮影テクニックで、
真っ黒の部屋で、スマホ本体がキレイに写るようにライティングして、
まず、それを撮ってから、
写したい写真(画像)をスマホで出して、もう一度シャッターを切ると、スマホと写真がキレイに写るというテクニックなのだけど、これも今のところ必用ないので、今回はスルー
で、スタンダードの写真モードで撮ったのが、この、セルフポートレート。

このアプリで写真を撮ると、画面がスクエアー(真四角)になるのが気にいった。

夜に街灯の光りでできた影、面白い、結構、この写真お気に入り。
このモードで撮ると、画面がスクエアー(真四角)になるのも気に入った。
僕はハッセルブラッドという6×6(cm)サイズ(フイルム)のカメラを使っていたので、スクエアー画面好きなの。
ちょっと不思議な感じで、やっぱりいいなと思うの。

路上にうらぶれた男の影…
背中に哀愁が…
猫背のスタイルがそう思わせるのかねぇ…
でも、この雰囲気好きだな…(笑い)
本当は何も考えてないのに、何か思索にふけってる、そんな感じがするもの…
実際には、これから帰って、何を作って食べるかなぁ…とか、
作るの大儀だなぁ…なんて思っているんだけどね(笑い)

ネットでいろいろ調べたら、マニュアルで撮れるアプリとかいろいろあることが分かった。

無料なら試してみるけれど、お金をかけるのはイヤだね…
それが仮に一か月300円でも、年間にすれば3600円…
別にどうしてもという必要がなければ、やっぱり使わないよね…
しかし、しかし、しかし…
こうして、いいなと思った無料のアプリをドンドン入れていると、それが容量を圧迫して、逆に何もできなくなってしまったりするんだけどね…
でも、スマホ、本当に楽しいし便利がいい。
今となっては、スマホのない生活には帰れないよね…
画家がよく、自画像というのを描いているので、こうした自画像もコレクションの一つに加えよう
本当は断捨離しなければならないのに、増やすことばかり考えている、困ったもんだ(笑い)

-discover, essei, idea, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銚子で捕れた鰹を冷凍しないでその場でたたきに これはお買い得 その言葉に釣られてつい



宿毛(高知)からドクター船というのに乗って
鵜来島という島に行ったことがある。
宿毛うから確か20数キロだった
もう随分昔だが 
その頃戸数は45戸だった。
坂の多い島だったが路地路地の雰囲気がよくてねぇ
嘗ては
ここは鰹漁のメッカだったというのをその時聞いた記憶がある

スマホカメラを愉しむ 今日はかき氷備前焼の平茶碗に宇治金時 いいねぇこの雰囲気

いいね 氷 とっても美味しい
暑い外からクーラーの効いた冷たい場所に飛び込んで、
ちょっと優雅な宇治金時…
いいねぇ…
ちょっとお洒落な冷たい大人のスイーツ
ここなら、
ミル金でも宇治金でも
要望をすんなり叶えてくれる
いいね「茶とあん」
だから大好き…(笑い)

スマホカメラを楽しむ 生垣に咲くモッコウバラが美しい 

昨日は「世界一木を植えた男 生態学者の宮脇昭先生の「偲ぶ会」に参加させていただいたの。
会費12000円で全国から約120人が参加
今のこの時世にしては凄い集まりだったと思う。
その中には知った顔も何人かいて それはそれでよかったのだが
約3時間
挨拶ばかりを聞かされたのにはちょっとね…
なんで挨拶がそんなに重要なのかねぇ…

スマホカメラを愉しむ 今日のテーマ なんとなくバレリーナ

エッ なぜそういう変わった花ばかり撮ってるのかって…
だって、
何かないと心惹かれないでしょう
やっぱりそこには物語りがないとね
そう だから僕は
その物語りを感じた時にコレクションしてるの

でも
OHこれは珍しいとか
ずば抜けて美しいという花に出会うとつい撮らされちゃうけどね…
あなた好き
あなた美しい
あんたのポートレート持っておきたい…
時にはそういう花もあるけれど、
やっぱりなんらかの特徴がないと、
なかなか撮れない(指が動かない)んだよね
ハハハ…
勝手な言い分
たかが写真、されど写真だね…(笑い)

龍眼 フルーツとして美味しいらしいが、どこで買えばいいんだろう

龍眼、果実は、ブドウの房のように実って、栄養価が高く、薬膳料理にもよく使われると。
食べた人の感想だと、ぱっと見た眼、ライチの果肉に似ているが、ライチに比べて水分が少なく、メロンに似た甘い香りがするらしい。
そして、美味しいと。

龍眼、普通に食べても美味しいが、ドライフルーツにすると、味がギュっと濃縮されて美味ししさも増すらしい。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます