discover essei idea life photo

スマホカメラを楽しむ、セルフポートレート、Instantoxという無料アプリを使ってみた

投稿日:

Instanntoxといカメラアプリ(無料)

カメラのアプリ、ネットで遊んでいいたら、こんなアプリ(Instanntox)というのが無料であったので、使ってみた。

バルブ撮影と二重露光が出来るらしい

このアプリ普通のカメラとしても使えるんだけど、バルブ撮影(このアプリの場合は60秒までシャッター開けっ放しにできる)ができるのと、二重露光が出来るらしい。
今のところ僕には、どちらの機能も必用ないのだけれど、花火を撮る時、三脚を使って撮ればいいよね。
バルブ撮影は海で船が行きかう光跡などの撮影にも使える

バルブ機能でつくる花火文字が人気とか

ところが、最近、若い女性たち、
「花火文字」とかいうのをこの機能を利用してつくるんだけれど、人気らしい。
面白いね、頭が柔らかいというか、なんでも自分流にアレンジして取り入れる能力は素晴らしいと思う。

二重露光とは

二重露光は本来は、
スマホとスマホの画面を写真にする時などに使う撮影テクニックで、
真っ黒の部屋で、スマホ本体がキレイに写るようにライティングして、
まず、それを撮ってから、
写したい写真(画像)をスマホで出して、もう一度シャッターを切ると、スマホと写真がキレイに写るというテクニックなのだけど、これも今のところ必用ないので、今回はスルー
で、スタンダードの写真モードで撮ったのが、この、セルフポートレート。

このアプリで写真を撮ると、画面がスクエアー(真四角)になるのが気にいった。

夜に街灯の光りでできた影、面白い、結構、この写真お気に入り。
このモードで撮ると、画面がスクエアー(真四角)になるのも気に入った。
僕はハッセルブラッドという6×6(cm)サイズ(フイルム)のカメラを使っていたので、スクエアー画面好きなの。
ちょっと不思議な感じで、やっぱりいいなと思うの。

路上にうらぶれた男の影…
背中に哀愁が…
猫背のスタイルがそう思わせるのかねぇ…
でも、この雰囲気好きだな…(笑い)
本当は何も考えてないのに、何か思索にふけってる、そんな感じがするもの…
実際には、これから帰って、何を作って食べるかなぁ…とか、
作るの大儀だなぁ…なんて思っているんだけどね(笑い)

ネットでいろいろ調べたら、マニュアルで撮れるアプリとかいろいろあることが分かった。

無料なら試してみるけれど、お金をかけるのはイヤだね…
それが仮に一か月300円でも、年間にすれば3600円…
別にどうしてもという必要がなければ、やっぱり使わないよね…
しかし、しかし、しかし…
こうして、いいなと思った無料のアプリをドンドン入れていると、それが容量を圧迫して、逆に何もできなくなってしまったりするんだけどね…
でも、スマホ、本当に楽しいし便利がいい。
今となっては、スマホのない生活には帰れないよね…
画家がよく、自画像というのを描いているので、こうした自画像もコレクションの一つに加えよう
本当は断捨離しなければならないのに、増やすことばかり考えている、困ったもんだ(笑い)

-discover, essei, idea, life, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホカメラを愉しむ、今日のテーマはビョウヤナギ、オトギリソウ

「オトギリソウ」の薬効成分
かつて、
メラトニン、セラトニンという睡眠誘導のサプリメントが人気になったことがあるが、
その材料がオトギリソウだったという話を、
ある製薬会社の人から聞いて覚えているから、
以来僕は、
この花を
「ビョウヤナギ」と呼ぶことにしているのだが
「ビョウヤナギ」とはどういう字をかくのかと
気になったので調べてみると
「未央柳」「美女柳」「美容柳」の字が充てられていた。
なる程
やっぱり僕には
こちらの方が相応しい…(笑い)
そう言えばこの花
なんとなく艶めかしいよね…(笑い)

いいよねこのムード 大正ロマン なんとなくそんな雰囲気の喫茶店

「ロマン」とは、
19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動の『ロマン主義』が語源で
夏目漱石が「浪漫」という当て字をつけたといわれているらしい。
大正時代は、
鉄道や道路網の発達と交通手段の発展により都市化が進み、
印刷や電話、
録音や活動写真など
新しいメディアや技術が発展した時代で、
大正デモクラシーなど
民主運動も盛んに行われている。
大正ロマンの代表的な文学者として、
谷崎潤一郎や志賀直哉、
芥川龍之介などが挙げられる。
この時代の象徴として
竹久夢二や高畠華宵などが描く美人画があげられる
退廃的というけれど
モダンでとてもハイカラ…
この時代を僕は
そのように捉えているのだけれど…
閉鎖された江戸時代から西洋文化が一気に入ってきて
それが見事に融合して生まれた新しい時代の波
大正ロマンを僕はそのように捉えているのである

レンゲショウマ その姿はまさに森の妖精 あっちを見てもこっちを見ても それだけにどう撮るか困ってしまう

誤嚥肺炎の予防にシニアの合唱チームに入って週に一回
ある人の家にあつまって2時間ばかり歌っているのだが、
その家のご主人が、
区のシニアクラブの役員をしていて
「俳句を作って」と頼まれたので
「575だけなら…」
そういって応募用紙を貰ったの
そうしたら
90歳の着物をきたマダム(この人長いことローマにいた人なんだけれど)
帰りに
「私、24年間、俳句のクラブをやってるの、うちに来てみんなでワイワイやってればコツが掴めるから…」
そう言って誘われたので行ってみようかなと
イタリアのアンティークな丁度品に囲まれた写真の裏に俳句名と場所を書いた(名刺)をくれたので、ちょっと楽しみ…
このご婦人、
90歳なのに背筋がピット伸びてカクシャクとしてとても素敵な人なの…

たい焼き、これ本物、年末ならではの風景だね

鯛の浜焼、懐かしいねぇ
この写真を見て思い出したのが、岡山の「鯛の浜焼」
駅の売店では必ず売っていたんだけれど最近、みかけないね。
昔々、そう、ワンスアポンナタイムは、江戸時代旅する女人が被る編み笠(あれなんて言うの)その中に大きな鯛の浜焼が頭と尻尾を出して入れられていたの、それが、山陽新幹線ができた頃から、傘は一緒なんだけど、鯛の姿はみえなくなって、ついには浜焼そのものを見なくなってしまった。
懐かしいね、そして食べたいねぇ、
毎年、年末になると、大きな鯛と、鯛の浜焼など贈答品として贈られてきていたので、正月には鯛の刺身、鯛の潮汁、鯛の浜焼の身を熱いご飯の上に乗せ、小倉やの塩昆布、確かえびすめと言ったと思った、を乗せ、熱湯玉露をかけて食べるお茶漬けが僕は好きでねぇ…
そんなことをつい、思い出してしまった。

ヒーターチョッキ、アッというまに壊れて、今はカイロを張って使ってるの

ブーツや靴に入れれば消臭剤に

冷蔵庫の消臭剤などにも利用されている活性炭に消臭効果がある。

活性炭が原材料のひとつとして使われている使い捨てカイロには、
使用後の冷たい状態のままブーツや靴に入れるだけで、活性炭が靴の内側の臭い成分を吸着して消臭してくれるという嬉しい効果が…
ガーデニングに再利用もOK
カイロの中に入っているバーミキュライトは保水性や通気性に非常に優れているため、観葉植物の保水土としても使われているものなので、

バーミキュライトをガーデニングする際に肥料として土に混ぜると、植物が育ちやすい環境を作り出せるらしい。

さらにカイロの主な原料となっている鉄粉は、土壌の鉄分補給に大きな効果を発揮する。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます