discover essei photo

いいよねこのムード 大正ロマン なんとなくそんな雰囲気の喫茶店

投稿日:

大正ロマン そして昭和初期 好きなんだよね この雰囲気

もちろん そんな時代 僕は知らないわけだけど
映画、

雑誌
などで見る
あの頃のムードが僕は好きなの

大正ロマン大好き

重厚で、
ハイカラで雰囲気があって
一人で居て
とても楽しい場所なの…
だから時折ここに来て、
XPの小さなコンピュータの
イラストレーターを立ち上げて、
閃いたことを図式化して楽しんでいるの…
で、気が向いたら
「阿佐ヶ谷のレトロな喫茶店で仕事をしています」
そんなラインを送っておけば
そのうちに
知合いの女性が現れて
ちょっとお喋りをして
時に寿司を摘まんだりしてから
バスに乗って笹塚にでて
温泉の銭湯に入って帰るの
それが日曜日の僕の楽しみなんだけれど
こういう場所があると
本当に楽しい…

エッ喫茶店の名前

本当は言いたくはないんだけれど…
マァ、
僕のブログなんて見ている人は少ないからいいか…
「星野コーヒー」店
阿佐ヶ谷のパールセンターの中にあるの…

この前はブルーマウンテンがサービスだったけれど
昨日はマンデリンだった

うん 美味しい
コーヒーはやっぱりムードだよね…
そう、
どういう雰囲気のところで楽しむかによって
美味しさ
変わってくるから…

エッ バックミュージック

全然覚えてない(笑い)
僕の場合
こういう空間に入って
集中すると 
真空状態になるんだね…
どの位の時間 
そうなっているのか分からないけれど
昨日は
気がつくと知り合いの女性が現れていて
他愛もない話をチョコチョコとして
ハハハと笑って
スフレに黒蜜をかけたのを一つとって
お皿を二枚もらって
「おいしいね」
「…」
その程度の会話なんだけれど、
女性といると 
なぜか楽しい…
ところで
「大正ロマン」と何気に使ったけれど
実際にはどういうことなのか
気になったのでちょっと調べてみた

「大正ロマンとは」

検索窓に打ち込むと
「大正ロマン(大正浪漫・たいしょうろまん)」とは、
大正時代の雰囲気を感じさせる文化を表現した言葉。
文明開化の明治時代を経て
和洋折衷の文化が花開いた激動の時代で、
退廃的な独特な雰囲気や空気感を持つ文化をが出来上がった
それを「大正ロマン」と言っているらしい。

「ロマン」とは、
19世紀を中心にヨーロッパで展開した精神運動の『ロマン主義』が語源で
夏目漱石が「浪漫」という当て字をつけたといわれているらしい。
大正時代は、
鉄道や道路網の発達と交通手段の発展により都市化が進み、
印刷や電話、
録音や活動写真など
新しいメディアや技術が発展した時代で、
大正デモクラシーなど
民主運動も盛んに行われている。
大正ロマンの代表的な文学者として、
谷崎潤一郎や志賀直哉、
芥川龍之介などが挙げられる。
この時代の象徴として
竹久夢二や高畠華宵などが描く美人画があげられる
退廃的というけれど
モダンでとてもハイカラ…
この時代を僕は
そのように捉えているのだけれど…
閉鎖された江戸時代から西洋文化が一気に入ってきて
それが見事に融合して生まれた新しい時代の波
大正ロマンを僕はそのように捉えているのである

 
 

 

 

 

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンチン、簡単料理オムレツ

思いついたらなんでもやって見るの。
だって、料理は「かくあるべき」というものはないものね…
「もしかして、こうすれば」という閃きがきて、それが美味しかったら、その作り方をメモしておけば、それがレシピだものネ…
だから、僕は料理をつくるのが好きなのである。

料理つくりを愉しむ フイに来る カレーライスを食べたい衝動 

やっぱり自分で作ったカレー最高(自画自賛)
昨日はそこに
元スタッフの女性が会社帰りに遊びに来たので
一緒に食べたのだが
「美味しい」と

写真を撮るから盛り付けてと頼んだら
もう
 ホンマニいい加減…
少しは恰好つけろよ
そんなことをいいながら
ご飯がスープで汚れたところはスプーンで取り除いてハハハ
カレー
いっぱいつくったので、
後何回か食べなければ…
そう、
火を入れて牛乳でのばして焦げ付かないようにしながら…(笑い)

たけのこ タケノコ 筍…旬を楽しむ いいねぇ

目次見るとつい買っちゃうよね筍筍という字を分析すれば竹冠に旬 面白いね漢字なんでも開けばいいってもんじゃないんだ… 薄茶色に色ついた筍に山椒の葉っぱをちょっとあしらって…ね…ヤエガキ酒造の「黒の無」一 …

スマホカメラで遊ぶ 今日の写真は桃 まさか東京のど真ん中で撮れるとは

清水白桃 桃の女王
美味しいねぇ…
しかししかししかし
自分で買ってはは食べられないよねぇ…
ところが
その白桃で、
お汁粉つくっているお店があるの

(季節限定でその期間は短いけれど)
食べたよ
とっても美味しい
つくっているのは

「茶とあん」(阿佐ヶ谷の喫茶店)
岡山出身のママさんで
安く仕入れられる特別のルートがあるらしいの…
で、
今からそれが楽しみなの
桃をシロップで煮て
それを餡子と合わせていいるのを冷たくして食べるのだけど、
とっても美味しいの…
知合いの女性にその話をしたら
「食べたい」
というので、
その時期になったら連絡することになってるのだけれど、
その前に、
ちょっと働いておかなければね(笑い)…

思いつき料理を愉しむ コンニャクを玉ねぎと大根と肉で煮る

すき焼きは一人だと大変だけど
これなら簡単だし
好みによっては溶き卵につけて食べてもいいけれど、
僕はいつもストレートで
なぜなら、
その方が素材の味が楽しめるから…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます