discover essei photo

たっぷりオレンジクリームチーズパン(新宿墨絵すみのへ)のパンがとても美味しい

投稿日:

たっぷりオレンジのクリームチーズパン

新宿駅西口を通ったのが午後4時過ぎ
小腹がすいていたので、
墨絵の販売所に廻って
たっぷりオレンジのクリームチーズパンと全粒粉の粒麦パン(フランスパン型)を買い
バスで新宿御苑前(新宿1丁目)まで
バスの停留所からマンションまで2分位なのに、
なぜか途中から反対方向に向かって歩き
ドトーへ

習慣って本当に凄いよね…
これも一種の依存症だね…

別にコーヒーが飲みたい分けではないのに
ボーとしていると気持ちがよくて
部屋の中涼しいし…
すっかり汗が引いたので、
徐に腰を上げ
ようやく部屋に入ってから
楽しみの

たっぷりオレンジのクリームチーズパンを食べようと袋を開けたところで
「待て 今日はブログまだ書いてないぞ、
食べていいのか」
という声が心の中から聞こえてきて
お皿を用意して
取りあえず写真を撮ってから食べたのだが、
美味い…

素材の味をうまく引き出して見事なハーモニ

フランスパンの生地にスライスしたオレンジがたっぷり入り
それがクリームチーズとうまく融合して
オレンジの爽やかな香りと果汁の甘さとクリーミーなクリームチーズと
フランスパンが見事に調和して、
もはやこれはパンという概念を超えた新しい食べ物とつい思ってしまった。
本当はこれ
どこかを訪問する時に手土産に丁度いいんだけれど、
午後にならないと売ってないからなかなか変えないの…
今日はこのたっぷりオレンジのクリームチーズパンと全粒粉の粒麦パンを買ったのだけれど
粒麦パンの方は適当なお大きさにスライスして冷凍しておくの
で、

食欲がない時の僕のスペシャルディナー

食欲のない時に
このパンをオーブンで焼き 
イタリアンプロシュートを巻いて食べる
ゴルゴンゾーラを乗っけて食べる
またエシレの発酵バターとの相性が抜群なのので
胡瓜やトマトを齧りながら、
ノンアルコールビールで食事の代行にするの
食欲がない時でも
これんはら不思議なくらいおいしく食べられるんだよね…
本当は今頃はそうして楽しい時間を過ごしているはずだったのに、
最後の最後ちょっと不具合があって、
ポンとエンターを押したら出来上がっていた記事がどこかに行ってしまって
大きなショックを感じながら書いたので、
ちょっとリズム悪いし
まとまり悪いんだけどとりあえず…
本当にチョンボが多すぎる気をつけなけれだね…(笑い)

-discover, essei, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで楽しむ あかい花 あかにもいろんなあかがある

赤と黒という小説もあったよね…
赤と黒のブルースという歌もあった…
アッ
このレコードジャケットに使われているあかは金赤だ…
ということは、
今日の写真のあかは金赤…?
いろは
本当に難しい…
しかししかししかし…
魅力的だよね
赤という色…
もしかしたらそれは
血の色だから…

スマホカメラを愉しむ 冬の雨 ボート乗り場に人もなく こういう風景好きだな

ジン・ケリー
「雨に唄えば」
雨の街頭で
雨に濡れながらのあのシーン…
お洒落で僕とても好きなの…
そういうことで雨
結構すきなのである

黄色いコスモス、なんとなく楽しそうな、そんなリズム感を感じてつい

それにしても、ズームレンズ楽だよねぇ…
フイルム時代は単体のレンズしかなかった(いや、あったけど使わなかった)から必然的に、身体を動かすしかなかったの、だから、今でも、28ミリ、50ミリ、90ミリ、全部体が覚えてるの
これは今でも役立つねぇ、
だって、風景を見て、
これは何ミリだなというのが分るもの…
しかし、しかし、しかし…
そんなことを書いて、お前の写真はそれほどのものかと言われると、
そうだよね…
そう言って頭をかくしかないんだけれど(笑い)

スマホカメラを愉しむ 人形劇の1場面 そう見えたからそう撮った

落穂拾いならぬ物語り探し いいね
自然の中で散歩しながら
OHと思ったらスマホで撮って
そこにショートストーリで物語りをつけるの
いいねぇこれ
そう、
そこに気のきいた物語をつけてね…
(考えているの楽しい)
都都逸なんかできたらいいよね…
ヨシ
これ頑張ろう…(笑い)
でもね
意識して作ろうとすると作為的になって面白くなくなるんだよよね
だから探して…
「AH」と思ったのだけを集めてね…
なんだかとても楽しくなってきた

ショウウインドウ、英語ではDisplay Window すきだな、この空間芸術

さすが銀座、そして、さすが和光…素晴らしいウインドウズディスプレー
画面構成の勉強するのに、これほど素晴らしい教材はないと、僕は思っているのである。
だって、動かないんだけど、そこにはいろんな物語があって、

見ていると、いつの間にか、スクリーンの中に自分も入っていって、
「いい天気だねぇ、どこに行こうか…」と、ナンパしたりしてね(笑い)
しかし、このドラマは、万人一緒ではない。
見る人の人生によって、それぞれの人がそれぞれのドラマを創りだしているのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます