cooking

サルサソースで、ちょっと気取って今日のブランチ

投稿日:2021年8月29日 更新日:

サルサソース、きようは日曜日、ゆっくり寝て、ブランチはちょっと気取ってトロピカルで、サルサソース本当においしい

日曜日には、何か特別の空気がある。
だから日曜日に出る時には特別手当を出すべきだ━そう言っていたら、いつの間にか休日出勤手当がつくようになっていた。
しかし僕のところには、日曜日に仕事が回ってくることはない(笑い)

昨日は土曜日で僕は休みなんだけど…

ところが昨日は、土曜日で僕は休みなのに
「相談なんですが」と泣きつかれて出たのはいいが、なんと5時まで、暑さとの闘いで疲れてしまった。

サルサソース 口の中の爽やかな味、思っていたのは、そればかりだった

日向を避け、ハンカチで汗をぬぐいながら考えていたことは、
絞ったレモンの中にトマト、キュウリ、セロリを小さく刻んで入れ、ハラペーニュ(ピクルスの液につけたもの)をみじん切りにして混ぜ込んだサルサソ-スを肴に、一番搾り仕立てのノンアルコールビールを飲むことばかりだった。
不思議なことに、その料理をイメージすると、口の中が爽やかになってくるのである。
この現象をスパシーボ効果という。
ロシア語で素晴らしいをスパシーバというらしいが、似てるよね、本当に素晴らしい。

三国志 曹操、やっぱり凄い

三国志の中で、疲れ果てて喉がカラカラな兵士に向かって、
「もう少し行けば梅林がある」と曹操が言うと、兵士たちは俄かに元気を取り戻したというシーンがあるが、まさにそれ。
梅という言葉で、酸っぱい梅を想像し唾液が出て、喉の渇きを潤したという、あのシーン。
僕もだから、暑さの中で、ギンギンに冷えたサルサソースを食べながら、一番搾り仕立てのノンアルコールビールを思い浮かべては、10分でも20分でも早く終わることを願っていたのだった(笑い)

あるレスロランのランチでギネスが好きなんだけど、今日のブランチは手製の料理でノンアルコールビールで

日曜日、今朝はゆっくり起きて、コーヒーを飲み、
クーラーを消して窓を開け、空気を入れ替え、顔を洗い、テーブルを片付け、掃除機をかけ、再び窓を閉め、クーラーのスイッチを入れ、
パソコンからブエノビスタ・ソシアルクラブが流れるようにして、
写真の料理を楽しみながら、食事を楽しんだのだが、一番搾り仕立てのこのノンアルコールビール、濃くがあって本当に美味しいの。
この飲み物と、ベーコンのサルサソースかけの相性が抜群で、
「これは素晴らしい発見」と、つい…

そしてもうひとつ気がついたのが、ハラペーニヨを漬け込んだ液(ピクルスの液)らしいが、
これを少しいれると、美味しさをより引き出してくれるということだった。

そうか、レシピとは、料理を作った人のメモ、だから、それは万人一様にというわけにはいかなにんだ

料理というのは、少しずつ思いついたことを試して、より美味しいものにしていくものなんだ。
そしてレシピとは、その覚え書きのこと。
だから、人のレシピを真似しても、全ての人が、美味しいとはならないんだ。
なぜなら、料理は好みでつくるものなのだから…

感覚派タイプの僕は、理屈が苦手でねぇ、

ある女性が
「久保さんも、写真の撮り方、講義をすればいいのに」と、
しかし、僕にはあれはできないの、なぜなら僕は理屈で写真は撮らないから、身体で覚えているものはあっても、レシピ持ってないからね(笑い)

以前に、水彩画の教室に通っている友人が出品している展覧会があって行ったことがある。が、
なんとなんと、全員同じタッチの絵、だから絵に個性がない。どの絵も一緒なのに、驚いてしまった。

出藍の誉れ、おいそれとはいかないんだ

「藍は藍より出でて藍より青し」というのは、なかなか…
だから先生は選ばなければならないんだ…

 

-cooking

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今朝はお粥、レンチンで簡単、お米を研いで、適当に水をいれて、スイッチを入れるだけだから

拘りのお米に美しい広島菜のお漬物、これがいい
そのお粥に、届いたばかりの美しい広島菜を小さく刻んで乗せ、鰹節(今回は袋の底に残っていた屑)をパラパラと
そして最後に広島菜の漬物についていた「出汁醤油」をちょと挿しただけなんだけど、それがとっても美味しくて(笑い)

白菜の漬物見るとついハハハ 美味しいね うん とっても美味しい

お気に入りの八百屋の白菜漬け これがおいしくて見るとつい
僕が時折行く天然温泉の銭湯
笹塚の商店街からちょっと入ったところにあるんだけれど、
その途中にお気に入りの八百屋があって
ここの白菜の漬物がとっても美味しいの
塩加減がいいのかねぇ…
多分自家製…だと思う
僕はそれを練りわさびを醤油で溶いて
ちょっとつけて食べるのが好きなんだけれど
熱いご飯の上に乗せて食べるのがとても好きなの
そう、
ご飯の甘さと白菜の甘さと塩加減
それにわさびの刺激が絶妙に調和して
口に入れる度に
「アア…」とつい

山女魚の写真 お頭つきは左に顔なの ヘー知らなかった

実を言うと、
この山女魚料理がある奇跡をもたらしたの…

何 奇跡?そう奇跡…
どんな
聞きたい…(笑い)

後から考えると不思議だらけのその瞬間だった
順番に話すと、
この料理(山魚女の料理)
知合いの女性と二人で食べるつもりだったの
ところが盛り付をしながらフッと思ったの
〇〇さんを呼んであげればと…
するともう一人の女性も
そうねと賛同して、
電話したの
そして
その女性が来たのだが
その女性、
緊急を要する切実な問題に直面していて
「どうしよう」というので、
話を聞いていると、
この問題をうまく処理できるのは
「知り合いの〇〇さんしかいない」と
しかし
この人
大きな団体のトップだからおいそれとはねぇ…
そう思ったけれど、
今はそんなことを言っていられる状況ではないので
スマホを取って電話したの…

レンチンで簡単 三浦大根の煮つけ、トロトロプリプリでとっても美味しい

ポイントはやっぱり、長ネギと乾燥オキアミ
それが出来たら、煮汁は捨てて、そこに新たにお水を入れ、本出汁を入れ、麺つゆを少し入れて、お醤油で味を調節(お醤油を淹れれば出汁にもなるし、最高の調味料だね)して、後は、適当にチンすれば出来上がりなんだけれど、今回は、乾燥オキアミとネギを調味料として一緒煮たの…
前に里芋を煮た時に、乾燥オキアミとネギを一緒に煮ると、それがとてもいい味を出したから、それを思い出して…
僕の電子レンジはタイマー式だから、15分を何回かやったけど、グット味が浸みこんだ、トロトロプリプリの美味しい大根が出来上がった

お茶の葉でトースト、これが結構いけるの。サッパリとしていてとても美味しい

冷凍庫からパンを一枚だし、少し温めから、バターを塗り、その上に茶葉を置いて、パンがきつね色になるまでこんがり焼いて、パクっと、食べたところ、
バターとの相性がよくて、お茶の香りもして、食感としては、歯切れのいい野菜を食べている感じで、お茶の香りも楽しめて、とっても美味しいの。
で、「これはいい」
思わずそんなことをいいながら、もう一枚追加でつくって、それもペロリと…(笑い)

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます