cooking

サルサソースで、ちょっと気取って今日のブランチ

投稿日:2021年8月29日 更新日:

サルサソース、きようは日曜日、ゆっくり寝て、ブランチはちょっと気取ってトロピカルで、サルサソース本当においしい

日曜日には、何か特別の空気がある。
だから日曜日に出る時には特別手当を出すべきだ━そう言っていたら、いつの間にか休日出勤手当がつくようになっていた。
しかし僕のところには、日曜日に仕事が回ってくることはない(笑い)

昨日は土曜日で僕は休みなんだけど…

ところが昨日は、土曜日で僕は休みなのに
「相談なんですが」と泣きつかれて出たのはいいが、なんと5時まで、暑さとの闘いで疲れてしまった。

サルサソース 口の中の爽やかな味、思っていたのは、そればかりだった

日向を避け、ハンカチで汗をぬぐいながら考えていたことは、
絞ったレモンの中にトマト、キュウリ、セロリを小さく刻んで入れ、ハラペーニュ(ピクルスの液につけたもの)をみじん切りにして混ぜ込んだサルサソ-スを肴に、一番搾り仕立てのノンアルコールビールを飲むことばかりだった。
不思議なことに、その料理をイメージすると、口の中が爽やかになってくるのである。
この現象をスパシーボ効果という。
ロシア語で素晴らしいをスパシーバというらしいが、似てるよね、本当に素晴らしい。

三国志 曹操、やっぱり凄い

三国志の中で、疲れ果てて喉がカラカラな兵士に向かって、
「もう少し行けば梅林がある」と曹操が言うと、兵士たちは俄かに元気を取り戻したというシーンがあるが、まさにそれ。
梅という言葉で、酸っぱい梅を想像し唾液が出て、喉の渇きを潤したという、あのシーン。
僕もだから、暑さの中で、ギンギンに冷えたサルサソースを食べながら、一番搾り仕立てのノンアルコールビールを思い浮かべては、10分でも20分でも早く終わることを願っていたのだった(笑い)

あるレスロランのランチでギネスが好きなんだけど、今日のブランチは手製の料理でノンアルコールビールで

日曜日、今朝はゆっくり起きて、コーヒーを飲み、
クーラーを消して窓を開け、空気を入れ替え、顔を洗い、テーブルを片付け、掃除機をかけ、再び窓を閉め、クーラーのスイッチを入れ、
パソコンからブエノビスタ・ソシアルクラブが流れるようにして、
写真の料理を楽しみながら、食事を楽しんだのだが、一番搾り仕立てのこのノンアルコールビール、濃くがあって本当に美味しいの。
この飲み物と、ベーコンのサルサソースかけの相性が抜群で、
「これは素晴らしい発見」と、つい…

そしてもうひとつ気がついたのが、ハラペーニヨを漬け込んだ液(ピクルスの液)らしいが、
これを少しいれると、美味しさをより引き出してくれるということだった。

そうか、レシピとは、料理を作った人のメモ、だから、それは万人一様にというわけにはいかなにんだ

料理というのは、少しずつ思いついたことを試して、より美味しいものにしていくものなんだ。
そしてレシピとは、その覚え書きのこと。
だから、人のレシピを真似しても、全ての人が、美味しいとはならないんだ。
なぜなら、料理は好みでつくるものなのだから…

感覚派タイプの僕は、理屈が苦手でねぇ、

ある女性が
「久保さんも、写真の撮り方、講義をすればいいのに」と、
しかし、僕にはあれはできないの、なぜなら僕は理屈で写真は撮らないから、身体で覚えているものはあっても、レシピ持ってないからね(笑い)

以前に、水彩画の教室に通っている友人が出品している展覧会があって行ったことがある。が、
なんとなんと、全員同じタッチの絵、だから絵に個性がない。どの絵も一緒なのに、驚いてしまった。

出藍の誉れ、おいそれとはいかないんだ

「藍は藍より出でて藍より青し」というのは、なかなか…
だから先生は選ばなければならないんだ…

 

-cooking

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンチン簡単料理、蓮根、長ネギ、オキアミの干物でとても美味しい

作り方、
簡単だよ、深い器に水を入れ、お塩を少し入れて混ぜてから、そこに切った蓮根ん(乱切り)を入れ、10分ほどチンするの。
これで蓮根に下味がつくので、その煮汁は捨てて、あらたにお水をいれ、本出汁少々と、適当な大きさに切ったネギを入れ、オキアミ(乾物)を適当にいれ、麺つゆを適当に入れ、10分程チンして、蓮根の柔らかさを確かめ、味を見て、お醤油で調節するの。お醤油は、それ自体優れた調味料だから、ちょっと挿すだけで、味、コクがよくなり、美味しさを引き上げてくれるの
こうしてできたのが写真の料理。
商店街を歩いていたら、ネギがあまりにも美味しそうだったから…

自然食品の店って

筍はいにしえ(古)人も食した春野菜

隠元豆の隠元さん凄いね…
黄檗山「万福寺」
この宗派の何代目だったかな 
「黄檗宗管長の村瀬玄妙猊下」の晋山式(管長就任のお披露目)に僕は招待されて出席しているのである。

チョコレートケーキ

日本でパティシエという言葉が使われるようになったのは2000年頃から、主に「スイーツ」や「デザート」を作る職人という意味で使われだしのだそうだが、映画やアニメに取り上げられて、広まって来たようだ。
しかし、和菓子職人はパティシエとはいわない。
当たり前だよね、一緒にされたくないよね、だって、技術、クリティーが全然違うもの。
和菓子職人のその技術は、それ自体文化であり、芸術であり、素晴らしい世界だもの…
なんか、チョコレートやらナマクリームを塗りたくっていりスイーツとは、全然ちがう、ハハハ、これは昭和生まれの僕の偏見か(笑い)
やっぱり、日本の職人の技術は素晴らしい、
やっぱり僕は、日本の文化こそ世界に誇れる文化だと思っているから…

レンチン簡単 レタスシャブシャブ、寒い夜はこれ

目次電子レンジのスイッチを押すだけで、美味しい鍋料理、寒い夜は最高だね食べ方食べ終わったその汁でつくるリゾットがまた美味しいもしかしたら、リゾットが食べたいための水炊き 電子レンジのスイッチを押すだけ …

レンチン、簡単料理オムレツ

思いついたらなんでもやって見るの。
だって、料理は「かくあるべき」というものはないものね…
「もしかして、こうすれば」という閃きがきて、それが美味しかったら、その作り方をメモしておけば、それがレシピだものネ…
だから、僕は料理をつくるのが好きなのである。

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます