コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 思いつき 雑記

生きることは食べること。本物の食品を食べてこそ、健康は保たれる

投稿日:

食べるとは、自然の恵みをいただくということ

生きることは食べること。

食べるとは、
本来は、自然の恵みをいただくこと。

うまいことできているよね、人間の身体

本物の食品には、生きるために必要なビタミンやミネラルが豊富にあって、キッチリそれを摂っていれば、酵素(体内酵素)が補酵素(ビタミンなど)を体内(腸管の内側)にうまく導いてて、免疫を調整し、さらに自然治癒(ホメオスタシス)という防御システムも働いて、健康が維持できるようになっているらしい。

科学の発達は、生態系のメカニズムを狂わしてしまった

ところが、科学が発達し、食品を化学の力でつくるようになって、生態系のメカニズムに狂いが生じてきた。

コロナ騒動の原因の根本は、化学食品?

今回のコロナ騒動の原因は、そこにあると、僕は思う。

つまり、栄養のバランスが悪いから、病気を引きおこしやすくしている。

そこにウイルスが来ると、ドッといってしまうというワケ。

フェイスブックやインスタグラムの投稿で、

こんなの食べました─という写真を見ると、
「こんなのばっかり食べていたら」
と素人目でも思ってしまうものが多いのは気のせいだろうか。

僕など貧しいから、とても人様にお見せできるようなものは食べていないから
「イイナァ」
というひがみから、つい、そういう目線で見てしまうのかも知れないけどね(笑い)…

人が活動を控えると、自然は生き返る。これ、素晴らしい教訓

コロナによる自粛生活の影響で、
ガンジス河の水がキレイになった。空気が澄んで、見えなかったネパールの山肌が見えるようになったという、SNSの情報を見るにつけ、

「そりゃ 自然も怒るはなぁ」
と、思ってしまうのは、
高齢者、世捨人だから言えることなのだろうか…

だけど、これはとても大事なポイント。

 

京都竜安寺にあるつくばいに書かれた文字が意味するものとは

 

京都に石庭で有名な竜安寺というお寺がある。

そのお寺には、円形の石の真ん中が四角く彫られていて(漢字の口という字)、口を中心に上に五と書いていて「吾」右側には、すい、ふるとりで「唯」
下にいって、口に足の下をつけて「足りる」そして、その左上、口の横に矢を書いて「知る」という字が書かれたつくばい(手を洗う水を貯めているもの)がある。
「吾 唯 足りるを知る」と読む。
つまり、ほどほっどのところで満足しなければという意味。
欲望を次から次にと求めていたら、危険ということか。

ウーン、奥が深い。
際限のない欲望の追求、
どうやらそれが、災害や、今回のウイルス騒動の元になっている。
言い換えれば、それは人災。
そろそろそういうことを意識しなければと思うのだけど…
こういうことは、高齢者、世捨て人だから言えることなのだろうか…

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 思いつき, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蕎麦と花と登山靴

目次レンゲショウマ 花言葉は「伝統美」あ〜っ 靴の裏が剥がれた、どうしよう…退化劣化した靴底は接着剤が着かないんだって備えあれば憂いなしで 先に予防措置を施す丹三郎蕎麦屋をちょっとだけ紹介蕎麦がきを肴 …

枝垂れ櫻には、簡単には表現できない女の色香があると思うのは僕だけ

目次なんとなく、何処とく、粋筋の女性を思わせる花枝垂れ櫻の花言葉は、円熟した美人やっぱり、写真は心のビジュアル化それにしても、この風景、いいよね… なんとなく、何処とく、粋筋の女性を思わせる花 上から …

同じ葉っぱでも、枯れ葉と見るか、黄金の葉っぱと見るかによってその価値観は変わってくる

目次「Autumn Leaves」ちょっとセンチで、なんとなく虚しさを感じる、僕の病気…ォー こういう見せ方もあるのか…自分の内なる世界にいる、もう一人の自分の声を聴くというのだろうか… 「Autum …

アラ、ここでもラブシーン 

目次これこそまさに濃厚接触なのでは…街中で、人間がこんなことをしていたら、なんとか警察、怒るのかなぁマスク忘れて、何度とりに帰ったことかなんだか今日は、心の鬱憤を吐き出す、そんな話になってしまった。 …

姫芙蓉なんだけど 何か物語を感じる

目次どうやら別の惑星から来たらしいかつての喫茶店文化、それはとても素晴らしいものだった。ネット社会というヤツ、慣れないと、やっぱり大変だよアレコロナによって、社会が大きく変わっているのは感じるけれど …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます