discover essei event photo

久し振りの人物撮影 表情を追うのは本当に愉しい ライブの会場で

投稿日:

久し振りの人物撮影

撮ったのは女優でアーチストで朗読もする中路美也子さん
野方にある
「焼酎バークンちゃん」で
写真は朗読をしている場面から
久し振りにコンデジ 
使い方忘れていてまいったまいった…(笑い)

崇拝している女優から直接招かれれば そりゃ行くよね…(笑い)

実はね、
数日前
中路さんからメールが来て
「野方にある焼酎バークンちゃんでイベントがあります。
私ゲストとして出演し朗読をやります。
焼酎沢山あってとても美味しいです。
時間があったら来ませんか…」と。
中路さんとは「茶とアン」で知り合っていたの。
夏、
一か月
(毎週 土曜日日曜日
茶とアンで
(画家で詩人で音楽家で演出家の二瓶龍彦さんを中心としたメンバー)

「竪琴を運ぶ」
(二瓶さんの絵のシリーズ)
というタイトルで、
絵の展示といろんなアーチストを招いてのイベントをしていたの
中路さんもそのイベントに参加していて、
それで知り合ったのだが
写真を見ればわかるが、
美人で女優でアーチスト
(独自の手法で独自の世界を作り出しているの)
で、朗読もやる
(二瓶さんの書き下ろした長編の詩をギターのリズムをバックに語り聞かせるの これがどうやら叙情詩を聴かせる昔のスタイルらしい)
うん 
そう 
そのイベントを毎週見ていてスッカリファンになったの
そうしたら先日
「遊びに来ませんか」という誘いが本人から
僕がフアンとして崇めている女性からダイレクトにそう言われたら
何はさておいても行くよねぇ…(笑い)

折角だからカメラの埃を払って…

まぁ
なんとか写ってたから良かった(笑い)

シャッター切っているの知ってるし、
僕が職業カメラマンだったということも知っているしね…
久し振りに緊張したよ…(笑い)

まぁ、
それはそれでいいんだけど、

イベントも良かったが その後がまた楽しくて

イベントが終わってからのちょっとの時間
 創作、表現談義に花が咲
そうしたら
「暇」という本
(雑誌 いやこれは雑誌ではない なんていうんだろう…やっぱり本かな…)
を作っている杉本さんが参加して一気に話が盛り上がったの
杉本健太郎さんが
ツイターで出している写真
明かにコンテンポラリーだし、
中路さんの絵
花をフトショップで加工して柔らかい色彩を重ね合わせてファンタジックな世界を作りだしているのだけれど、
ツイターで発表していたら
ポーランドの国際美術展の主催者の一人が目に止めて
なんと なんと なんと
「ポーランド 私の町のショーケース」
という展示会に出品することになったのである。

中路さんは元々画家

その感性がフとしたことで
舞台などで貰う花の写真を撮っていたのが、
そういう方向に変化してきたらしい…

それにしても面白いね、波動は合っているが、
それぞれがいいたいことをいってるのに
不思議と
どこかで統制されていて、
時々
そう
 そうなんだよと相槌をうちあったりして楽しいセッションに…

なんだか青春を取り戻した そんな感じになったのである

でスッカリ意気投合
人の出会い
感性の融合…
本当に楽しい
本当に語り合える仲間ができた…
そんな気がした。
こういうお酒も時にはいいよね…
今日も愉し
明日も愉し
酒も愉しだな…
こういうお酒

大好き…

-discover, essei, event, photo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホで楽しむ二瓶龍彦さんと その仲間のライブ劇場 「茶とあん」(阿佐ヶ谷)のもう一つの顔

かつては仕事でも
こういう写真
いろいろ撮ってきたけれど、
やっぱり楽しんで
自分の思いをそこに被せながら
心のなかで
「よっしゃ、いただき」
と叫びながら撮っているの本当に楽しい
だってこの会場で写真を撮るということは、
僕も演者の一人だから、
シャッターというボタンを使ってセッションしなければ…(なんてね)
朗読も良かった
内田百聞なんて普通では読まないけれど
女性の優しい声で
心に響くように読んでくれると、
なるで映画を見ているように
情景が流れていくの
短いエッセイだったけれど、
土手とか川とか…
そんな風景が出てくれば
「ああ これは旭川のあの辺りだな」とかね…
だって内田百聞は岡山のひとだもの…

ちょっとお茶目な秋の印象

太陽と青い空と透き通空気と、赤い葉っぱと枯れた葉っぱのコラボレーションで造られた風景、印象的秋の造形…
風に吹かれてゆれる葉っぱ、なんとなく、どことなく、リズムがあって、ちょっとセンチで…
風景を見ながら、そんなことを感じてとったんだねきっと(笑い)
言い換えれば、この風景が、この日の僕の心のビジュアル、秋の印象を素直に楽しみながら撮ったんだねきっと(笑い)
中原中也風に言えば
「汚れっちまった心…」と思っていたけれど、まだまだ純粋な心も残っていたんだ…(笑い)
この写真には、まだまだ若さがある…
そんな僕の内面(内実)を引きずりだしてくれた風景だった…

桃太郎伝説の桃太郎は吉備津神社の吉備津彦の尊らしい

鬼ノ城では鉄を精製していた。
鉄を精製するのには水がいる。
熱した鉄を冷やすために使っていた水を(廃液)を近くの川に流していた。

上流で、汚れた水を流せば、下流では作物などができなくなる。

困った村人は、その交渉を吉備津彦の尊にお願いした。
吉備津彦の尊は「よし」と引き受けて交渉に行った。
で、吉備津彦の交渉に、ズラズラとついて行った村人たちが見た光景は、鉄の精製で顔は赤やら青に焼けただれて変色していた。それが、赤鬼、青鬼に見えたという話。

レンチンで簡単、ミカンのジャム作り、ウン 美味しい

「なんか、可愛い感じでとてもキレイ」と褒めてくれたので、
まず、ザクザクと適当な大きさに切って、
深みのある器に居れ、水を入れ、適当にチンして、柔らかくなったらザルに入れ、スプーンで潰し…
それでもまだ実が残るから、まな板の上でドンドン叩くの(笑い)
で、ほど良くなったら、煮汁に返して、再びチン(適当な時間)チンしてトロミが出てきたらそこに氷砂糖を入れるんだけど、
氷砂糖がなかなか買えなかったから、薬局で、サービスで貰った「パルスイート」(カロリーゼロ)というのを適量入れたら、うまう合って(笑い)
で、完成したところで、レモンを絞り、それを入れたところ、爽やかさがグっとまして、美味しいジャムになったの…
そんな話をすると。
「私もその方法でやってみます…、だってこんなキレイなジャムになるのだもの」
そう言って、僕の話をメモにしていた(笑い)

今日の僕の買い物、ちょっとだけラッキー収入があったから(笑い)

数学のことはさっぱり分らないけれど、KJ法が好きで、見様見真似でやってよく遊んでいたの。
そうすると、頭の中が整理できて、考えがよくまとまるから…
始めた時は、砂を噛むような訳の分らない問題でも、そうやって遊んでいると「これだ」というのが見えくるの…
以来、困ったら、それをして、進むべき態度を決めていたの…
「おいおい、たかが料理だろう、それもデタラメの…」
「いいじゃない、そうやって楽しむのが好きなんだからハハハ」
「長生きするよ」
「ハハハ、放っとけ…(笑い)」

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます