discover essei event

名月は15夜の満月だと思うけれど、なぜ13夜…

投稿日:

名月を取ってくれろと泣く子かな(一茶)

普通、お月見と言えば、15夜の満月だよねぇ、なのになぜ、13夜…
気になったので、調べてみた。

十三夜とは?

旧暦(月の満ち欠けをもとに、一か月の日付を決める太陰太陽暦)9月13日の夜を指し、
この日に見える月は旧暦の8月15日のに出る月(15夜)と並んで、名月とされているのだそう。

15夜の月を愛でる風習は、平安時代に中国から渡った風習。
だが、13夜の少しかけた月を愛でるのは、日本独特のものらしい。

なぜ、いったい、どうして、
満月でもない十三夜にお月見をする風習が日本で始まったのだろうか。
これについては、説はいろいろあるようだが、

 月の宴か、いいねぇ

延喜(えんき)19年9月13日 (現在の暦では919年10月9日)に
当時の法皇が催した「月の宴」がきっかけというのが、有力な説とされている。

旧暦8月の十五夜の月を「前の月」、
9月の十三夜の月を「後(のち)の月」
といって、二つの月を楽しむというのが、定着しているらしい。
まぁ、そういうことをして楽しむしか他に娯楽はないしねぇ、
月明かりの下で、男女が会うというのもいいよね…

13夜という歌、そういうことか…

折角だから、島倉千代子の13夜聞いてみた
「河岸の柳のゆきづりに
ふと見合わせる顔と顔…
青い月夜の13夜」(作詞石松秋二)
いいねぇ、こういう雰囲気、現代人にはないねぇ…
洋風、悪いとは言わないけれど、日本の文化、大切にしたいとつい思ってしまうよね。

13夜の月を楽しむ小道具として、13個の団子(3個でもいいらしい)
を飾る。

これは、月に見立てるもので、団子でなくても、どら焼きでも月餅でも、丸いものならいいらしい。
季節的には、この頃は、栗や豆の収穫期なので、「栗名月」「豆名月」と言われるらしく、豆大福や、栗どら焼きをお供えするのもありだとか。

 

お供えは、気持ちの問題なので、短時間供えて、食べるのが目的

昔の家なら縁側などに腰かけて、豆大福を食べ渋茶をのみながら、
ちょっと欠けた月を楽しむ…
「キレイだねぇ」
「風流ですねぇ」
「信州信濃の新蕎麦よりも、私しゃあんたのそばがいい」
なんていいながら…
手と手を結びあって…
いいねぇ…
いい歳して何考えてんだ…
ハハハ、想像は自由だから…

 

 

 

-discover, essei, event

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パンパスグラス、秋の象徴、秋を感じさせる花

教育って、やっぱり大事なんだ
僕はどちらかというと、不良で、落ちこぼれで、悪いタイプの少年、青年時代だったと思うけれど、ギリギリの所で、一線を越えられない弱さがあって、それで大きくなれなかったと思うのだけれど、もしかしたら、多少なりとも覚えている、母親の、そうした教育があったかも知れないと、今頃になって感謝しているのである(笑い)

これで解決 ブルートゥースイヤホンの紛失

歳をとると、いつの間にか始まっているヒモ生活
歳をとると、パスモなど大事なものは、それ専用のケースをつくり、ズボンの後ろポケットに入れて紐でくくりつけているし、
鍵もそうだし、マネークリップ(コードバーン)も紐でなくさないようにしているしで、まさにまさにまさにのヒモ生活(意味がちがう笑い)なのである。

ツツジって春の花と思っていたのに、何で今頃(12月)

秋に咲く「二季咲ツツジ」という種類のツツジもあるらしい。
季語が重要な俳句では、こういうの、どう扱うのかねぇ
「ツツジ」と書けば春だものねぇ…」
「秋ツツジ」なんて書くと
「あなたねぇ、ツツジは春の季語なの、秋につつじなんてあるわけないでしょう」
「いや、先生、秋にもツツジが咲くんですよ」
「では、狂い咲、まるで私 秋ツツジとでも書けば」
「あ、それいいね、いただき」
最近、シニアクラブに入ったら、いきなり俳句をつくって応募してくださいというので、ただ、575と指を折って言葉を繋いでいるだけなんだけどね、締め切りが近いから、暇さえあればでやってるの…
ボケ防止になって丁度いいよ、
「ボケ防止 詠むのはなぜか 秋ツツジ」(笑い)

スマホカメラを楽しむ、木の皮が作り出すアートコレクション

しかし しかし しかし…
清少納言は随筆「枕草子」
で、
「春はあけぼの」と言っている。
夜が明け始めた頃の紫かかった雲のなんとも美しいことかと…
写真撮るのにはいいよねぇ…
そう言えば、
ホームページを作った会社の社長が
「温泉に行きましょう、招待しますよ」と誘ってくれた、
いいねぇ、

温泉に浸かって一献交わすのも…
その時には、
「春のあけぼの」を楽しんでみるか…

DVDで映画、大いなる遺産を見る

映画は、チャールズ・ディケンズの小説を映画化したもの。
キャスティングが実にいい。
特に、ロバート・デニーロの役柄は重要で、
デニーロが出てくるのは、最初と最後に少しだけなんだけれど、実は、それが、映画の核心で、流石がという他ない程、見事に演じきっているのである。

映画そのものは、ちょっと複雑な恋愛ものなんだけど、いいたいことは、たった一回受けた恩に対して、全財産を使って報いるというものなのだが、映画は同時に、その過程で繰り広げられる恋愛の微妙な綾を描きだすというもの。

映像がいい
音楽がいい、
画面の切り替えがいい
その上で、
それぞれの役を演じる役者が素晴らしいから、約2時間があっという間に過ぎてゆく…

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます