コラム フォトエッセイ 写真エッセイ 雑記

なんとも大胆な色の組み合わせだね、でも違和感はない。色って本当に面白ね

投稿日:

普通は考えられないよね、この配色。

でも、こういう場面に出くわして、ハッとして、撮らされてしまったという感じ。
色の研究をしている人、何人かは取材したことはある。が、法則など、難しすぎて、さっぱり分からない。
覚えていることは、顔の近くに持ってくる色によって、顔の輝きがガラリと変わるということと、有名なメイクの先生に聞いた、チーク(頬紅)を選ぶ時には、自分の血の色で選ぶといいというお話位かな。

自分の基本の色は?

この話は、女性とお喋りする時に有効なのでよく使うのだが、
「親指と人差し指を合わせてチョット力を入れると、人差し指の先の方が赤くなるでしょう。それがあなたの血の色なの。だから、その色のチークがあなたの色なわけ」
僕はチークを使わないから分からないんだけど、話を聞いた女性は、
「そうなんだ」と、関心を示して、聞いてくれるのである。
ついでに、さき程の、顔を引き立たせる小物として、スカーフが有効という話も、興味を持たれる。
色、配色に関しては、その位しか覚えてないので、直観でしか語れないのだが、今までの経験から、自然に咲く花は、いろんな色が入り乱れても調和する。しかし、人工色のものは、そぐわない色が近くにくると、反発しあって雰囲気を壊すのに、本物の和服と帯は、どんなのが来てもうまく溶け合う。
有名ブランド品というのは総じて色がよく、どんな色を持ってきても、うまく融合してくれるというのが、僕の法則。

わざわざなんで、その組み合わせという人も結構めだつ

今は昔と違って、売っている洋服その物のセンスがいいのだから、外すことはないと思うのだが、電車などに乗っていると、
「わざわざ、なんで、そんな配色にするの」と、つい思ってしまう人も結構目立つ。
そんなことを言うと、
「そう言っている自分はどうなの」
と突っ込まれると、アハハと笑うしかないのだが、自分のことはさておいて、人のことは気になるものなのである。
最近、SNSに乗せる時、自分では、写真がより引き立つようにと、額をつけ、マットに色を敷いているのだが、毎回、この色を決めるのに、結構悩む。

しかし、しかし、しかし…
見た人の目には、どう映ってるんだろうね?
それこそ、「なんで、この写真にこの色」などと思われているかも知れないのだが、それが僕のセンスなので、仕方がない。
でも、思った、
悩むと、何もできなくなってしまうから、何事も考えないで、「エイヤー」でやった方が、総じてうまく行くと。
(僕の人生経験から、そういうと知り合いは、お前にはそれしかできないと言って笑うかもしれないけれど)

決めたら、それで通す、どうやらそれがいいらしい  

知り合いに、一度だけ競馬で160万円とったのがいる。
以来、ずっと負けているのだが、その人が言うには、
直前までは、これでと思って行っているのに、買うだんになって、気持ちが変わって…
「最初に決めていたのを買っておけば当たってたのに」という愚痴ばかり。
最初の閃き、ファーストインスピレーション、これは大事だよね、僕だったら、気持ちが変わっても、それは残しておくと思うけどね…
色の話から、またまた流れてしまった。が、直観、ファーストインスピレーション、これはやっぱり大事だね、色を決める場合にもね…そう信じているのである

 

-コラム, フォトエッセイ, 写真エッセイ, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんとなくエゴンシーレの絵を見ているような、そんな感じがして、葉っぱ、面白いね

目次エゴン・シーレ、 グタフ・クリムトの影響を受けた世紀末芸術運動、 「アールヌーボー」を代表する画家。葉っぱ、その模様からシーレの絵を連想人は人、自分は自分 エゴン・シーレ、 グタフ・クリムトの影響 …

瀧と滝の違いとは、瀧の方が古いように感じるが、古いのは滝らしい

国土地理院では

「滝とは、流水が急激に落下する状態、瀑布(ばくふ)ともいう。普通は、高さが5メートル以上で、いつも水が流れているところ」としているらしい。

瀑布とは、水の落下が白い布のように見える様子を表わした言葉。

写真では、この水の流れ方を、どのように表すかと考えて、シャッタースピードを決める。
たぶん、この写真は30分の1秒位(水の流れ方から判断して高速になればなる程、流れは止まって点になる。
反対に、スローシャッターになればなる程、布のように白くなる。

タイトルの「滝」と「瀧」の違いは
ヤフー知恵袋のベストアンサー選ばれた解答によると
「滝」の方が古く「瀧」は後からできた字なのだそう。
タキは「竜、龍」という字に「さんずい」をつけたもの。
「竜」と「龍」「竜」が古く「龍」は後からできた字で意味も読みもまったく一緒。

基本的には「瀧」が基本で「滝」は古字とされているのだそう。
日本語って、本当に難しい。

滝と言えば滝行
昔、なんの雑誌だったか、
「久保さん、身延山に行って、女性が滝行している写真を撮ってきて欲しいんだけど…」
「エーと思った」が言われれば行かないわけにはいかない。
夜中に車を走らせて、その滝のあるところまで行った。冬だった。
待てど、待てど、人はいない。
「こんな寒い時に、瀧に打たれる人なんかいないよなぁ」
しかし、仕事、待って、お願いして撮らさせてもらうしかないのだ。
時計の針はもう、12時を廻っている。
しかし、しかし、しかしなのである。
「ウーン、これはもうダメだな」
そう思った瞬間だった。
30歳位の女性が現れて
「朝からずっとここに居ますけど、何してるんですか」と声をかけられた。
で、事情を説明すると
「私でよければやりましょうか」と。

お地蔵さん 

目次なんとなく、なんとなく、なんとなくで撮らされた写真。「一体、何を言ってんだ、お前、大丈夫か」明日はお正月で新年なのだ。そんなことを考えていたら、賑やかだった、子供の頃の正月が思いだされた。理由はや …

何が捕れるんだろう…今もこういう遊びあるんだ…

目次ヘー魚捕りか、懐かしいねぇ童暦(どうれき)この言葉好きだなサーチャン(竹馬の友)元気してるかなぁ ヘー魚捕りか、懐かしいねぇ なんだか随分暖かいよね、2月だよ… 時期的には、最も寒い時だと思うんだ …

キンモクセイの甘く酸っぱくて、どこか切ない香りになぜか僕はセンチになってしまうのだ

目次甘くてちょっと酸っぱくて、どこか切ないキンモクセイの香り。岡山の祭り寿司渋団扇、なんと懐かしい、それで扇ぐのが僕の仕事だった祭り寿司は、とても具沢山なお寿司なのだ忘れ得ぬ思いでと言った割には…なの …

広告


 

名前:クボッチ

写真好き トレンドを中心に書いていきます